>>【アウトドア用品買取サービス】5点おまとめ査定で+1,000円!?「GEAR HACK」「マウンテンシティ」比較してみました!<<
スポンサードリンク

ミレー「ドライナミックメッシュ」(レディース)の徹底レビュー!〜暑い寒いの気温乱高下登山でどうなった?!

ミレー「ドライナミックメッシュ」徹底レビュー登山/装備

こんにちは、アウトドアライターのaimi(@shikokunoyama)です。

先日13kgの荷物を持って1泊2日の宿泊登山をしてきました。

その際にミレー「ドライナミックメッシュ」(レディース)を検証してきましたので徹底レビューしたいと思います。

 

比較的厳しい気候にもまれてきたので参考になるかと!

 

aimi
aimi

天気予報は、あくまで参考。

夏山は夕立があったりと、天気が変わりやすいですよねw

「ドライナミックメッシュ」とは?

DRYNAMIC™-MESH

DRYNAMIC™-MESH-ドライナミック™メッシュ-アンダーウェア-Millet-www.millet.jpより引用

「ドライナミックメッシュ」は登山用品メーカーの「ミレー」が機能性インナーの先駆けとして制作しました。

機能性インナーとは、速乾性があり汗冷えしない。

さらに消臭機能が付いているものがほとんどです。

長期の山行にもってこいのインナーなんですよ!

 

登山をしなかったときは、ハイキングといったら「綿のシャツ・綿のインナー」で歩いていましたが、今思えば狂気の沙汰!

稜線の風に吹かれると寒いですし、急激な体温低下は命にもかかわります

「トムラウシ山遭難事故」は真夏に起きた低体温症の最たる例。

トムラウシ山遭難事故(トムラウシやまそうなんじこ)とは、2009年7月16日早朝から夕方にかけて北海道大雪山系トムラウシ山が悪天候に見舞われ、ツアーガイドを含む登山者8名が低体温症で死亡した事故。夏山の山岳遭難事故としては近年まれにみる数の死者を出した惨事となった。〜wikipediaより引用

 

また、発売当時は”あみあみ”の見た目のディスプレイを指差して「あれ何?」と触ってみる人が続出w

 

aimi
aimi

ちょっと見た目が独特ですし、男性用は乳首が透けると話題に?

女性用はブラカップがついているので安心だけど!

 

今でこそ

とともに定着して来た感じはありますが、少し高価なこともあって導入されていない登山者もまだまだいます。

こちらは男性用↓

「ドライナミックメッシュ」の使用方法

ここで「ドライナミックメッシュ」の使用方法の説明をしたいと思います。

「ドライナミックメッシュ」はそれ自体に吸水性がありますが、水分を上に来ているシャツに吸わせるという働きをします。なので保水性はないんですね。

その証拠にこんなに太い繊維!

さらに伸縮性もあってハードな動きもさまたげません。

なので今回の山行のような「着替えありき」の使い方がベストですね。(※後述します)

DRYNAMIC™MESH ドライナミック™メッシュ:ミレー

 

 

汗だく・不快感満載の夏山で2日間徹底検証!

今回向かったのは、四国・石鎚山系にあります「堂ヶ森・ニノ森」です。

日帰りで行かれる方も多いですが、コースタイム9時間はかかりますので超健脚向け。

ですのでヘタレ登山者の私は、途中の避難小屋に1泊してしまおう!というわけです。

なかなかの荷物でしょう。これは汗をたっぷりかきそうです

実はこの登山道、堂ヶ森まで登り一辺倒で景色のぜんぜん楽しくありません。

修行です(T . T)

しかし、(レビューするにはもってこいの)汗はすこぶるかきました!

さらに、雨もパラパラ降り出す始末。

レインウエア発動!蒸れます。。。。(T . T)

夏のレインウエアは不快極まりないですねw

 

 

追い討ちをかけるように、避難小屋に着いた頃にはガスで真っ白。

 

aimi
aimi

ピークに行っても仕方がない。。。。

 

これは飲むしかありませんね(苦笑)

外で炊事をしていると風が吹いてきて寒いです。

外のベンチでお腹をチェック、濡れてはいません。

外のベンチでお腹をチェック、全く濡れていません。

今回、検証の為に「ドライナミックメッシュ」つまりインナーは脱がずに夜まで過ごしてみることにします。

インナー自体は濡れていないんですが、上に着ていた速乾素材のTシャツはびしょ濡れ、こちらは着替えることに。

普通のユニクロのエアリズムのシャツですが、着替えたらびっくり。

全く風に吹かれても寒くなく、快適にビールを飲み続けることができました!

 

aimi
aimi

快適!なんでインナー全く濡れてないんでしょう?

 

 

また、帰路にピークハントをした時はもの凄い風!

寒い!!!!!

立っていられないほどで、先行の方は帽子を飛ばされてしまいました(苦笑)

そんな台風なみの風の中歩いていたんですが、このときも薄いアウターを1枚羽織るだけでなんなく通過。

「汗?そういえばさっきかいてたな」と忘れてしまうほどでした。

すごいガスがどんどん流れています

すごいガスがどんどん流れています

激下りのあと、クルマに帰還。

標高を下げるごとに汗だくになってしまいましたが、臭くはありませんでした。

すごいですね〜♪

「ドライナミックメッシュ」(レディース)のメリット

①汗冷えしない

汗はすべてウェアに吸収されるので、肌に触れている部分の風通りが良くなり汗冷えしにくいです。

ウェアに水を吸収させるとはいえども、吸い上げている時点で蒸発がかなり進むんです。

全部吸っていたらシャツが絞れるほどなはずなんで。

 

aimi
aimi

それがないということは・・・・

水分のかなりの量はどっかに飛んでったわけだ!

それほどベトベト感がありません。

②蒸れない

肌にぴったりくっつくという感じではない(アミだから)ので、風が通ります。

稜線の風に吹かれれば、爽快感に包まれますよ!

③臭くない

合成繊維はにおいやすいと言われていますが、専用洗剤でお手入れを怠らなければ大丈夫。

いっぽう普通洗剤で洗ってしまうと、汗の臭いが取れないということが公式ページには書かれています。

要注意!

④スポーツブラが不要

2019年2月以降発売のものは、ブラカップが取り外し可能に!

自分専用のものをつけたい、という方は外して使用することができます。

もちろん持っていない人はインナーと兼用で使えるので、ある意味節約になるのかも。

スポーツブラ単体で購入しても、4,000〜5,000円くらいはしますからね( ^ω^ )

DRYNAMIC公式より引用

DRYNAMIC公式より引用

⑤ファイントラックのように上に着るウェアを指定されない

よくミレー「ドライナミック」と比較されるのが、ファイントラック「ドライレイヤー」。

ファイントラックは上に着るウェアを「L2」レベルと指定があるのに対し、ミレーは「速乾性のあるウェア」とだけ記載があるだけ。メリノウールなどを推奨、とは書いてありますが…。

 ドライレイヤリング - 国産アウトドアブランドのファイントラック公式より引用

ドライレイヤリング – 国産アウトドアブランドのファイントラック公式より引用

 

ですので、「好きなメーカーのものを着用できる」というわけです。

 

aimi
aimi

ぜ〜〜んぶファイントラックで揃えるのはお金がかかるしな!

シャツはモンベルとかでじゅうぶん!

製品ウラの説明欄

「ドライナミックメッシュ」製品ウラの説明欄

⑥見た目に反し、肌触りはGOOD

夫

「メッシュ」って肌触り悪いんでしょ?見た目アミじゃんw

当初は夫婦でそんなこと言ってましたが。。。今となってはそんな質問は愚問ですよ!

夫もランニングの時は必ず着ていますし。

今となっては夫婦で「ドライナミックメッシュ」の大ファンとなってしまいました( ^ω^ )

触ってみてください。登山ショップの店頭に置いてあるはずなんで…

すごい肌触りいいですってば!

 

伸縮性があるため、サイズよりもだいぶ小さめに見えます。

伸縮性があるため、サイズよりもだいぶ小さめに見えます。

の〜びのびです

の〜びのびです。素材が分厚いでしょ?親指の太さで網目2個分くらい

「ドライナミックメッシュ」(レディース)のデメリット

①着替えが必要

レポートで前述した通り、泊まりの山行ではその日の山歩きが終わった時点で「着替える」必要があります。

濡れているウェアは脱いで、インナーはそのまま。

別のウェアを着ることで汗冷えは完全ストップ。

「ドライナミックメッシュ」はあくまで”疎水性そすいせいインナー”であることをお忘れなく!

とはいえ下着を何枚も持つより、着替えが1枚で済むのなら使い勝手がよくてとても助かりますよね。

疎水性インナーとは…熱伝導率の低いポリプロピレンをベースに、かさ高メッシュで編み上げることで肌面の汗を素早く吸収し、上位のベースレイヤーに拡散。さらに汗を吸ったベースレイヤーはメッシュの厚みによって肌から遠ざけられ、肌面の冷えを防ぎ、ドライ感を保ちます。

②アミ状なので引っ掛けないように細心の注意

今回の登山で、カメラホルダーにカメラをくくりつけていたのですが、ホルダーの突起にアミが2度引っかかりました。

インナーとはいえど、特に夏は上に来ているウェアも薄めですから影響がなくはないというわけです(苦笑)

でも直に着ているわけではないから、切れるほど引っ張られるということはありません。

そもそも「ドライナミックメッシュ」には伸縮性がありますから、

 

aimi
aimi

あ、引っ掛けた!

という時点で気付くはず。

③体にアミの跡がつく?

登山後に温泉に行って気付く方も多いでしょう!

メッシュ跡がところどころついちゃいますw

でも思ったほど濃くはなくて、見た目的には大丈夫でした。

ボンレスハム?焼き豚?にはなりませんので安心して大丈夫かと!

 

 

aimi
aimi

ピチピチに着ないことが大切かも!

締め付けは血流的にも良くないです。

そのためにはベストサイズを購入しましょうね。

④専用洗剤が必要

専用洗剤を使うことを推奨、とかいてあります。

ミレーからは専用の洗剤が発売されていないので、ファイントラックの「ドライレイヤー(合成繊維用・素材は酷似)専用の洗剤」を使ってぬるま湯で優しく洗います

専用洗剤で洗ったらどうなったのかは、数回試したあと後日レビューしますね!

3回目、今のところ機能は維持されていますが…!

サイズ展開

ミレーのウェアはEUROサイズ表記(Sサイズ=日本Mサイズ)です。

しっかりとバスト・ウエストサイズを確認して購入してくださいね!

ご注意を!

 

ミレー公式ページより引用

ラインナップは3種類

メッシュタンクトップ

色はブラックとグレーの2色。

メッシュショートスリーブ(ブラカップ取り外し可)

色はブラックとグレーの2色。

メッシュ3/4スリーブ

色はブラックのみ。

 

まとめ:「ドライナミックメッシュ」を知らない登山者は損してる!快適インナーで短〜長期山行もなんのその!

ここで一度まとめましょう。

「ドライナミックメッシュ」とは
熱伝導率の低いポリプロピレンをベースに、かさ高メッシュで編み上げることで肌面の汗を素早く吸収し、上位のベースレイヤーに拡散。さらに汗を吸ったベースレイヤーはメッシュの厚みによって肌から遠ざけられ、肌面の冷えを防ぎ、ドライ感を保つ。
「ドライナミックメッシュ」(レディース)のメリット
①汗冷えしない
②蒸れない
③臭くない
④スポーツブラが不要
⑤ファイントラックのように上に着るウェアを指定されない
⑥見た目に反し、肌触りはGOOD
「ドライナミックメッシュ」(レディース)のデメリット
①着替えが必要
②アミ状なので引っ掛けないように細心の注意
③体にアミの跡がつく?

うまく使い倒して、楽しく快適に登山してくださいね♪

登山の他に、気温差の激しいスポーツ

  • ロードバイク
  • トライアスロン
  • 真夏の農作業・交通整理・屋外現場でお仕事されている方

などもとくに向くということなので、おためしあれ♪( ´▽`)

 

 

以上”ミレー「ドライナミックメッシュ」(レディース)の徹底レビュー!”の記事をお送りしました。

 

会員制捜索ヘリサービス「ココヘリ」の特典で割引受けられます!

2019年9月現在、「ココヘリ」の会員特典で1,400〜1,600円割引で買うこともできますので要チェックですよ♪
私はなんと3,000円台で購入することができました。
他に、ミレーだとザック「サースフェー」などがラインナップに含まれます。
山岳保険だけでは不十分!遭難したら「ココヘリ」で今いる場所を伝えよう
こんにちは。アウトドアライターのaimiと申します。アウトドアブームの影響もあり、登山人口は増え続け衰えることがありません。2017年の遭難者数は3,111名、そのうち死者・行方不明者数は354名。遭難した人の10分の1は亡くなっている現状があります。今まで山岳保険「jRO」には加入してましたが、ソロで山に行くことが多い私にとっては少し心もとない…ということでもう一歩すすんだ保険を探していました。そんな中、前から気になっていた会員制捜索ヘリサービス「ココヘリ」に加入することに。

www.hitococo-members.comより引用