>>【アウトドア用品買取サービス】5点おまとめ査定で+1,000円!?「GEAR HACK」「マウンテンシティ」比較してみました!<<
スポンサードリンク

【ライト登山者に最適】「楽天アウトドア保険」の詳細・メリットをまとめてみた!

ライト登山者に最適!「楽天アウトドア保険」山岳保険

こんにちは、アウトドアライターのaimi(@shikokunoyama)です。

2019年2月「楽天アウトドア保険」という商品ができたのを、ご存知でしょうか?

前回「登山3大保険」の記事を書かせていただきましたが、その時にはなかったんですよね(汗)

山岳保険はどれが安くておすすめ?3大保険会社を比較してみた【登山歴10年の私が選んだ】
こんにちは、登山歴10年目を迎えたaimiです。 最新の登山ギアやスマホ(インターネット)の普及で、登山を始めるハードルが下がりました。 私が登山を始めたときより格段に恵まれた時代。その分「登山者のスキル・身体能力が上がった」わけではないんですよね…むしろ便利になりすぎて退化しているのかもしれません。 この記事では私のおすすめする3つの山岳保険をご紹介します。

 

せっかくなので比較するためにも、詳細を見ていきたいと思いこの記事を書いています。

\月額330円のライトな保険/

「楽天アウトドア保険」の詳細を見てみる

「楽天アウトドア保険」は山岳保険よりのレジャー保険

「楽天アウトドア保険」には3種類あり、

  • 節約コース(年払1,880円)
  • 標準コース(年払3,630円)
  • 充実コース(年払9,420円)

補償内容は以下のようになっています。

【楽天市場】アウトドアプランのスクリーンショット

【楽天市場】アウトドアプランのスクリーンショット

 

しかし、3大保険の記事をご覧いただいてる方にはわかると思うんですが

一番高い「充実コース」は1万円近くの保険にもかかわらず、「救援者費用」が300万円しかない_φ( ̄ー ̄ )

この予算ならぶっちゃけ、jROに入った方がメリットは大きいです。

 

aimi
aimi

ヘリ救助費用は平均で1時間80万円くらい。

捜査が難航するとすぐ500万円なんて、余裕で超えちゃいます!

jROは2019年春〜救援者費用が550万円に引き上げられました。

 

3大保険の記事でご紹介した保険が「救援者費用」がすべて500万円を超えていたことから、300万レベルだと「レジャー保険」と判断されても仕方ないかなと思っています。

一番お金がかかるところを軽めにしているわけですからね。

 

\月額330円のライトな保険/

「楽天アウトドア保険」の詳細を見てみる

特徴…「月払」制度があること

しかし、楽天アウトドア保険にもメリットはあります。

「年払」のほかに「月払」があること。

3大保険でご紹介した

  • やまきふ共済会
  • モンベル
  • jRO

はすべて「年払」のみでしたからね!

 

aimi
aimi

加えて、

自身の生命保険が軽めのものだったりする

→レジャー保険に入る意味はあるのかも。

入院日額が1,500円〜3,000円もらえるし。

 

  • そこまで山深いところにはいかない
  • ハイキング程度
  • 年払するかどうかまで登山を続けるかわからない(冬は登らないなら、冬も払うのはもったいない)
  • 携行品補償をつけたい

 

という人には入って損がない保険です。

\月額330円のライトな保険/

「楽天アウトドア保険」の詳細を見てみる

「楽天アウトドア保険」おすすめプランは?

ズバリ「標準型」ですね!

月330円ですし、ぜんぜん負担になりませんよね。

冬はオフシーズンの方は、冬シーズンは払わなくてもいいので必要に応じて節約ができます♪

 

 

【楽天市場】アウトドアプラン } 標準コーススクリーンショット

【楽天市場】「アウトドアプラン」標準コーススクリーンショット

まとめ:山岳保険寄りなレジャー保険なので、ライト登山者は入って損はなし!

ここで一度まとめましょう!

「楽天アウトドア保険」はライトな登山者向けの保険。

  • おすすめは月330円の標準型(救援者費用200万円まで出る)
  • そこまで山深いところにはいかない
  • ハイキング程度
  • 年払するかどうかまで登山を続けるかわからない(冬は登らないなら、冬も払うのはもったいない)
  • 携行品補償をつけたい

 

ぜひぜひ検討してみてくださいね( ^ω^ )

 

\月額330円のライトな保険/

「楽天アウトドア保険」の詳細を見てみる

 

以上『【ライト登山者に最適】「楽天アウトドア保険」の詳細をまとめてみた!』の記事をお送りしました。

関連記事

山岳保険はどれが安くておすすめ?3大保険会社を比較してみた【登山歴10年の私が選んだ】

年払いのものだけにはなってしまいますが、本格的登山を通年楽しむという方向けの保険を比較しています。

山岳保険はどれが安くておすすめ?3大保険会社を比較してみた【登山歴10年の私が選んだ】
こんにちは、登山歴10年目を迎えたaimiです。 最新の登山ギアやスマホ(インターネット)の普及で、登山を始めるハードルが下がりました。 私が登山を始めたときより格段に恵まれた時代。その分「登山者のスキル・身体能力が上がった」わけではないんですよね…むしろ便利になりすぎて退化しているのかもしれません。 この記事では私のおすすめする3つの山岳保険をご紹介します。

【ライト〜ベテラン登山者向け】「YAMAP登山ほけん」の詳細とクチコミまとめ

2019年初旬、登山アプリ「YAMAP」が山岳保険をスタートしました。

上でご紹介した「3大保険会社」のカバーしきれない「携行品補償」などのこまやかなサポートがあるのが特徴です♪

もちろんライト登山者がメインの保険にするのもありです。

【ライト〜ベテラン登山者向け】「YAMAP登山ほけん」の詳細とクチコミまとめ
こんにちは、アウトドアライターのaimiです。 あの登山アプリ「YAMAP」が2019年、新しいサービスを始めました! その名も「YAMAP登山ほけん」!ベテランにもライト登山者にも痒い所に手が届く保険なのでご紹介しますね。