>>【アウトドア用品買取サービス】5点おまとめ査定で+1,000円!?「GEAR HACK」「マウンテンシティ」比較してみました!<<
スポンサードリンク

【ライト〜ベテラン登山者向け】「YAMAP登山ほけん」の詳細とクチコミまとめ

「YAMAP登山ほけん」詳細と口コミまとめ山岳保険

こんにちは、アウトドアライターのaimi(@shikokunoyama)です。

あの登山アプリ「YAMAP」が2019年初旬、新しいサービスを始めました!

その名も「YAMAP登山ほけん」!

 

「YAMAP登山ほけん」トップページのスクリーンショット

「YAMAP登山ほけん」トップページのスクリーンショット

 

内容を確認すると、先日ご紹介した”楽天アウトドア保険”のような「ライト登山者向けの保険」よりひとつ抜きんでてるかな?と個人的には感じました。

では内容をご紹介していきますね。

\今なら30日間無料/

「YAMAP登山ほけん」の詳細を見てみる

 

「YAMAP登山ほけん」の詳細

「YAMAP登山ほけん」の中身は大きく3つに分かれており

 

  • アイテムほけん 30日450円
  • レスキューほけん 30日480円
  • セットほけん 30日650円(アイテムほけん➕レスキューほけんのセット)

 

とくに「レスキューほけん」の「救援者費用」が300万円まで保証されている件は評価が高いですね。

こちらは以前ご紹介させていただいた「3大山岳保険」の「モンベル」や大手の補償額に相当します♪( ´▽`)

「ココヘリ」と合わせれば、遭難捜索に関しての心配はほぼなくなりますね!!

 

「ココヘリ」は1日10円でGPS発信機が持てるサービス。救援者費用は550万円となっています。合計すると850万円!
山岳保険はどれが安くておすすめ?3大保険会社を比較してみた【登山歴10年の私が選んだ】
こんにちは、登山歴10年目を迎えたaimiです。 最新の登山ギアやスマホ(インターネット)の普及で、登山を始めるハードルが下がりました。 私が登山を始めたときより格段に恵まれた時代。その分「登山者のスキル・身体能力が上がった」わけではないんですよね…むしろ便利になりすぎて退化しているのかもしれません。 この記事では私のおすすめする3つの山岳保険をご紹介します。
山岳保険だけでは不十分!遭難したら「ココヘリ」で今いる場所を伝えよう
こんにちは。アウトドアライターのaimiと申します。アウトドアブームの影響もあり、登山人口は増え続け衰えることがありません。2017年の遭難者数は3,111名、そのうち死者・行方不明者数は354名。遭難した人の10分の1は亡くなっている現状があります。今まで山岳保険「jRO」には加入してましたが、ソロで山に行くことが多い私にとっては少し心もとない…ということでもう一歩すすんだ保険を探していました。そんな中、前から気になっていた会員制捜索ヘリサービス「ココヘリ」に加入することに。
YAMAP保険公式より引用〜 yamap.com

YAMAP保険公式より引用〜 yamap.com

管理している「まごころ少額短期保険株式会社」って聞いたことないけど大丈夫?

ほかの山岳保険と比べて気になったのが、「YAMAP登山ほけん」を管理している保険会社。

 

aimi
aimi

「まごころ少額短期保険株式会社」?あんまり聞いたことないなあ。。。。

ということで少し調べてみました!

2008年に設立された総合保険会社。

おもに生命保険を扱っていて、さいきん主流の「代理店を通さない個人・企業向け」に特化した会社です。

新しい会社ということもありしばらく赤字経営が続いていましたが、キャッシュフローは改善され直近2年間は黒字。

資本金2億5,250万円と小さな会社ではありますが、バックにはフランス再保険公庫※(フランスの国営会社)がついており、何かあった時でも安心。

小さいながらもきめ細かいサービスができることから、評判があがってきている保険会社。

 

※総資産:2兆1,507万円。「まごころ少額短期保険株式会社」の保証保険会社になっている。

 

\今なら30日間無料/

「YAMAP登山ほけん」の詳細を見てみる

 

ほかに月額払いができる「ライト登山者向けの山岳保険」比較表

ほかのライトな登山者向け山岳保険「Yahoo!ちょこっと保険」「楽天アウトドア保険」と比較してみました。

YAMAP保険Yahoo!ちょこっと保険楽天アウトドア保険
管理保険会社まごころ少額短期保険株式会社三井住友海上火災保険株式会社三井住友海上火災保険株式会社
月額
※私がオススメするベストプラン
セットほけん 30日650円(アイテムほけん➕レスキューほけんのセット)山大好きプラン330円標準コース330円
支払い方法クレジットカードのみPayPayに要登録、クレジットカードひも付け済のYahoo!会員なら入力なしですぐ提携可クレジットカードのみ
入会金なしなしなし
救援者費用300万円100万円200万円
死亡なし
あくまでレスキューに特化した保険
100万円(山大好きプランの場合)100万円(標準コースの場合)
賠償責任保険なしなしなし
携行品補償10万円10万円10万円
海外対応なしなしなし
家族割なし
あり
夫婦型:570円
家族型:1070円
あり
夫婦型:550円
家族型:1060円
冬山・クライミングなどの危険行為✖️
✖︎

「ライト登山者向けの保険」ではひとつ抜きん出ている理由?

「YAMAP」は登山者向けのアプリの会社。

「YAMAP保険」はライトな登山者の保険ではありますが、やはり他よりひとつ抜きん出ています

やはり、

  • 救援者費用が300万円であること
  • 冬山・クライミングなどの危険行為も補償範囲
  • 月額払いに対応

 

が大きいです。

年額にすると「7,800円」となり3大山岳保険に迫る金額ですが、

 

aimi
aimi

1年のうち登山をするのは数日だけ!

と言うならば山に行く時だけ”ピンポイント”に入れる月額の「YAMAP登山ほけん」を検討すべき。

節約できますよ♪

 

\今なら30日間無料/

「YAMAP登山ほけん」の詳細を見てみる

 

クチコミ

まだ始まったばかりのサービスなのでクチコミは少なかったですが、掲載させていただきます。

さいきん北アルプスでテント丸ごと盗難事件があった影響か、携行品補償目当てに入る方が多いみたいです。

 

2019年9月現在、30日無料キャンペーンやってます( ^ω^ )

 

あと、2つの保険とサービスでフル補償されている方。

これならもう完璧です(すきなし)。

  • 「jRO」で救援者費用最大550万
  • 「YAMAP登山保険・セットプラン」の救援者費用上乗せ300万、携行品補償10万
  • 「ココヘリ」で発信機を持ち捜索時間短縮

 

aimi
aimi

jROは携行品補償がないから、「YAMAP登山ほけん」でフォローするというわけですね。

まさにスキなしでございます!

 

 

\今なら30日間無料/

「YAMAP登山ほけん」の詳細を見てみる

 

まとめ:「YAMAP登山ほけん」はライト層にもベテラン層にもかゆい所に手が届く保険!

3大保険でご紹介した保険でさえ「モンベル」以外は携行品補償がありません。

ライトな登山者向けのプランといえども、そのスキマを埋めるにはベテラン登山者も考える余地がありますよ。

 

前述したとおり、最近アルプスでは盗難が相次いでいます。

「自分のギアが新しい・絶対盗まれたくない!」というならばフル保険をかけていくのも最大のリスク管理だと思いますね。

 

aimi
aimi

悪質な犯罪はしっかり盗難届を出して、対処しましょう!

10万円までなら戻ってきますしね!

多少お金がかかりますが、楽しく安全に山を登り続けるには必要経費なのですよ( ^ω^ )

以上『「YAMAP保険」の詳細と口コミ・まとめ』の記事をお送りしました。

 

\今なら30日間無料/

「YAMAP登山ほけん」の詳細を見てみる

 

関連記事

【チャートdeチェック】山岳保険、どれに加入すればいいの?YesNoでかんたんにわかるチェック表

山岳保険、たくさんあり過ぎてわからない!!という方向けの記事です。

【チャートdeチェック】山岳保険、どれに加入すればいいの?YesNoでかんたんにわかるチェック表
こんにちは、アウトドアライターのaimiです。 山岳保険に加入したいけど、何に入ればいいの? という方向けに「チャート式でかんたんにわかる山岳保険チェック表」を作成しましたので、ご活用くださいませ( ^ω^ )

 

山小屋に泥棒がいる?!盗難を防ぐための4つの方法

2019年秋、北アルプスの室堂にある「雷鳥沢キャンプ場」でテントが丸ごと盗まれる事件が発生。

その後続いて劔沢つるぎさわでも(T . T)

私は過去山小屋でアルバイトしていた経験から、山小屋での盗難を防ぐ方法を書いています。

山小屋に泥棒がいる?!盗難を防ぐための4つの方法
こんにちは、アウトドアライターのaimiです。 最近、山での盗難が話題になっています。 以下の記事は北アルプス室堂の「雷鳥沢キャンプ場」での出来事。 「山には悪い人はいない」という伝説も崩壊しつつある昨今

1日だけの山岳保険・おすすめ5選!【当日・前日でも入れる】

登山をしない友人を誘ってハイキング…。

ちょっと不安じゃないですか?

そんな時は1日だけの山岳保険に入りましょう。

2人以上なら割引があったり、意外と安く入れちゃいますよ。

1日だけの山岳保険・おすすめ5選!【当日・前日でも入れる】
こんにちは、アウトドアライターのaimiです。以前、「年払い」の3大山岳保険をご紹介しましたが、今回は「1日だけの山岳保険」についてまとめていこうと思います。この記事はライトな日帰り登山の保険を探している方向けです!雪山・クライミング・バックカントリーを伴わない登山スタイル限定になりますのでご了承ください。