>>【アウトドア用品買取サービス】5点おまとめ査定で+1,000円!?「GEAR HACK」「マウンテンシティ」比較してみました!<<

\「アウトドアなふるさと納税」カテゴリーへようこそ/

こんにちは、アウトドアライターのaimiです。

「アウトドアなふるさと納税」カテゴリーへようこそ( ^^) _U~~

突然ですが、「ふるさと納税」されてますか?

 

aimi
aimi

されていないのでしたら非常にもったいないです。

サラリーマンならほとんど全員がトクになる制度。

数万円からでも、はじめましょう~♪

まずは「ふるさと納税」の簡単な説明から…

寄附金控除は2,000円が自己負担になる

ふるさと納税した分のお金は、寄附金控除として節税することができます。

その代わり2,000円は自己負担になり、2,000円を超えた分に対して控除が適用されますので、それは知っておきましょう。

年間で10,000円をふるさと納税した場合、寄附金控除になるのは8,000円です。

年間90,000円だったら、控除は88,000円ですね。

寄附金控除になる上限額は人それぞれ異なりますが、それまでであればふるさと納税した方が節税になります。

さとふる」 のサイトでは、自分がいくらまでふるさと納税できるのかの目安や計算ができますので、そこで確認してみましょう。

 

\年収入力だけでいくら寄付すればいいかがわかる/

さとふるで「控除額」のシミュレーションをしてみる

ふるさと納税で「寄付金控除」が最大限に適用される寄付金の控除上限額は、年収や家族構成、お住いの地域などによって異なります。

ご自身の控除上限額をきちんと把握しておけば、自己負担2,000円のみで効率的にふるさと納税を行えますよ♬

アウトドアなふるさと納税

【「新潟県燕市」のふるさと納税返礼品】アウトドア好きは見逃せないラインナップ4選

アウトドアなふるさと納税

【ふるさと納税】グランピングが返礼品!?の全国の施設一覧〜意外とたくさん。おどろくなかれ!

アウトドアなふるさと納税

【福井市ふるさと納税】アウトドアメーカー「Nature tones」の返礼品がおしゃれすぎてビビったので紹介する