>>【速乾性・強度もバツグン】アウトドアメーカーのマスクまとめ
スポンサードリンク

【チャートdeチェック】山岳保険、どれに加入すればいいの?YesNoでかんたんにわかるチェック表

山岳保険どれに加入すればいいの?チャート表山岳保険

こんにちは、アウトドアライターの(@shikokunoyama)です。

aimi
aimi

山岳保険に加入したいけど、何に入ればいいの?

という方向けに「チャート式でかんたんにわかる山岳保険チェック表」を作成しましたので、ご活用くださいませ( ^ω^ )

ちなみに、2022年現在の私は

  1. jRO&ココヘリ 年額5,500円(2022年7月1日〜事後分担金が廃止されたため、この金額キッカリ)
  2. Yahoo!ちょこっと保険 月額220円(携行品10万円・賠償責任をおぎなうため)

に加入しています!

aimi
aimi

まさにスキなし!2は日常生活の危険もカバーしてくれ、意外にも使えますよ♪自転車事故とか、お風呂での転倒とかですね。

【第1チェックポイント】年払いか?月払いか?1日払いか?

山岳保険どれに加入すればいいか?

まず第1関門は、支払方法。

あなたは通年(1年中)、登山に行きますか?

冬(雪山)は行かない!

という方もいらっしゃるでしょう。

その場合、年払いで払うともったいないですよね(T . T)

月払いにしておけば、冬だけ山岳保険を外すことが可能です!!

【ATTENTION】解約(休止)時期には注意が必要!保険会社によって異なるので加入時に契約書をよく読んでおきましょう。
また普段登山をしないお友達を山に連れて行きたい場合、1日だけの山岳保険があるのでオススメしてみましょう。
 
500円程度で入れるのがほとんどですよ( ^ω^ )
 
最悪当日コンビニでも加入できますので、なにかある前にぜひ!

【第2チェックポイント】年払いの場合「ココヘリ」を付けるかどうか?

年払いの山岳保険。どれに加入すればイイの?

「ココヘリ」とは、年会費5,500円(1日あたり15円)で受けることができる、会員制捜索ヘリサービス

もともとは山岳保険は付帯していませんでしたが、2022年7月より「jRO」の山岳保険が付帯するようになりました!

以前の記事で、年払いでオススメする保険会社を3つご紹介しています。

  1. モンベル野外活動保険【2930円/年~】※モンベルメイト(年会費1,500円)加入が必須
  2. やまきふ共済会【4,000円/年】
  3. ココヘリ+jRO(ジロー)【初年度のみ入会金3,300円・以後5,500円+事後分担金なし】

【NEW】「ココヘリ」、jROと合併でさらに使いやすく!

<2022年7月1日〜「ココヘリ」と「jRO」が合併!>
2022年7月1日以降はココヘリの年会費のみでjROのサービスが付帯します。なので、両方加入することはございません!これにより初年度のみ入会金3300円が必要とはなりますが、年会費5,500円ですべて含まれます。かなりおトクになりましたよね(別々に入るより900〜1,200円程度安く)。

「ココヘリ(年額5,500円)」発信機を持つことは、5〜6万するGPSを持つより現実的

もちろん「ココヘリ」をつけないという選択肢もありますが、発信機を持たずに山に入るということは非常にリスクが大きいこと!

aimi
aimi

少子高齢がすすんでいるのにもかかわらず、

遭難者数は右肩上がりなんです。。。

スマホも充電があるうちはいいですが自分がケガをしていたり、話せる状態でなければ何の意味もありません。

しかしGPSは高すぎて持つのは現実的ではありませんよね(T . T)

せっかくの文明の利器、使わないと損ですよ。

個人的な意見にはなってしまいますが、

がスペック的にはおすすめです!

私が「ココヘリ」にした決め手は”海外は行かない”というのがポイントでした。

【第3チェックポイント】月払いにするなら、雪山登山するか否か?

月払いの山岳保険

月払いに対応している山岳保険は以下。

3種類のうち、雪山登山(ピッケル・クライミングを伴う危険行為)に対応→YAMAP登山保険のみとなっています!

あとの2種類は雪山オプションは存在しないので却下。

月払いで雪山登山をする=「YAMAP登山保険」一択

したがって

月払いで雪山登山をする=「YAMAP登山保険」一択

となります。

春〜秋シーズン(3シーズン)しか登山はいかない、という方は

の2択になりますが、

・「Yahoo!ちょこっと保険」→賠償保険(第3者にケガさせてしまった場合)を重視・オプションでつけたい人
・「楽天アウトドア保険」→オプションなしでも救援者費用200万円と手厚い!とにかく月額を安くしたい人

という特徴があります。

とはいえこの2種類はとても似ていますので、内容を熟読して決めてくださると幸いです♪( ´▽`)

【第4チェックポイント】「1日だけ山岳保険」私のおすすめはこれだ!

最安値は「au損保」だが、加入タイミングで異なるので注意

1日払いの山岳保険、どれに加入すれば良い?
1日払いの山岳保険、どれに加入すれば良い?

1日払いの山岳保険はずばり、

ですね!

とくに

  • セブンイレブン「ベーシックプラン」の2人目以降は300円になる&リピーター割引
  • au損保「シルバープラン」は前日出発の方でも「1泊2日と同じ料金である」

のはフルに活用してほしいです。

1日だけの山岳保険・おすすめ5選!【当日・前日でも入れる】
こんにちは、アウトドアライターのaimi(@aiaiminini)です。以前、「年間払い」の3大山岳保険をご紹介しましたが、今回は「1日だけの山岳保険」についてまとめていこうと思います。この記事を読んでほしい人日帰り登山・ハイキングに行こう

まとめ:支払い方法で大きく分かれる山岳保険。あなたの山行頻度・補償に合わせてうまく利用してくださいね!

ここで一度まとめましょう。

<年払いの山岳保険>

 
<月払いの山岳保険>
・「Yahoo!ちょこっと保険」→賠償保険を重視・オプションでつけたい人
・「YAMAP登山保険」→冬山・クライミングなどの危険行為をする人
・「楽天アウトドア保険」→オプションなしで救援者費用200万円と手厚い!とにかく月額を安くしたい人
 
 

あなたのお役に立てれば幸いです♪( ´▽`)

aimi
aimi

あらゆるリスクに備えても、ケガするときはしますから!

最低限でいいので加入しておきましょうね!

たのしく安全な山ライフを♡

以上『【チャートdeチェック】山岳保険、どれに加入すればいいの?YesNoでかんたんにわかるチェック表 』の記事をお送りしました♪

関連記事

登山届を出しただけではダメ!安全登山をするのにかかる年間費用

登山をするにあたって、山岳保険やココヘリ・エマージェンシーキットを購入するなど多少の費用がかかります。

計算してみると驚きの結果が・・・?

「ココヘリ会員証ホルダー」レビューしてみた!~これで紛失心配なし!

「ココヘリ会員証」の紛失は1日1件発生しているようです。

1,500円のホルダーをザックにつけるだけで、落ちにくくなること間違いなし!