>>【ただいま開催中】「wiggle」では冬のクリアランス・アウトレット40%オフ!※初回購入はさらに1,500円OFF
【アウトドア用品買取サービス】5点おまとめ査定で+1,000円!?「GEAR HACK」「マウンテンシティ」徹底比較!【キャッシュレス還元・2020年6月まで5%オフ⭐️】Amazonで注視すべき「アウトドア」と「カメラ」関連アイテムまとめ
スポンサードリンク

【初心者でも無理なく】キャンプ好きになってもらえる10つの方法とは?

【初心者でも無理なく】キャンプ好きになってもらえる10つの方法とは?キャンプ

こんにちは、アウトドアライターのaimi(@shikokunoyama)です。

最近キャンプブームがきていますが、「初めてキャンプに行く人がハマるかどうか?」って第1回目が重要になったりします。

 

aimi
aimi

そうそう思い通りにいかないのが初キャンプなんだよね。

そんな友達をキャンプに連れて行くにはどうすればいいか?

頭をひねった結果を記事にしていきたいと思っています。

【初心者でも無理なく】キャンプ好きになってもらえる10つの方法とは?

まずひとつ覚えていていただきたいのが、心構え。

あなたの価値観を押し付けない、それが一番重要なんですね。

 

aimi
aimi

キャンプ好きになってほしい!!

 

というアツ〜〜い気持ちはあっても、思い通りに行くかどうかなんて人それぞれ。

そのことを念頭に、ひとつずつ見ていきましょう♪

①暑さ・寒さ対策は万全に

なるべく真夏・真冬のキャンプは避けましょう。

私の経験上…寒さも暑さも初心者が対応できるケースってまれです_φ( ̄ー ̄ )

自分もそうでした。装備不十分で一睡もできなかったこともあります。(夏・冬両方経験あり)

最悪その時期しかキャンプできない・予定が空いていないという場合でも、暑さ・寒さ対策は万全に!

<おもな暑さ対策>
  • 電源サイトに冷蔵庫を設置。飲み物をキンキンに冷やす
  • 電源サイトに扇風機を設置。風を当てることで涼しく過ごせる
<おもな寒さ対策>
  • 電源サイトに電気毛布を設置。寝袋の中はポカポカ
  • 薪ストーブをたいて、暖気をテントの中に封入!
  • 薪ストーブの暖気をファンで効率よく回し、テント・タープ内を温める

 

②清潔感がある、高規格キャンプ場をねらう

最近ですとホームページを持っているキャンプ場も数多くあるので、設備紹介のページをなめ回すようにチェック

なっぷ」というキャンプ場予約サイトにはレビューもありますし、グーグルマップにも星☆の数で評価が書かれています。

とくに女性はお手洗いが清潔じゃないと抵抗を示す方が多いです。(私もそう)

ほかにも

  • 防犯面(管理人の有無)
  • 清潔さ
  • トラブル時の対応
  • ゴミが捨てられるか

などなど、高規格サイトをわざわざ予約するのには理由があったりします。

これは値段に比例するものではないので、わりと難しいところなんですが(苦笑)

野生の勘(!?)をはたかせて、予約しましょう!

③分担をざっくり決めておく、もしくはお任せにしてもらう

初めてのキャンプに行く際は、お友達も持ち物がわからないでしょう。

車がなかったりしたら、荷物が膨れ上がるのもこまりますよね?

そんな時は思い切って…

 

aimi
aimi

明日のキャンプは何も持ってこなくていいよ!

食材はキャンプ場で頼むし、テント・シュラフは借りるからさ!

と言ってあげましょう!

 

温泉のしたく、着替えだけ持って来ればいい=ホテルに泊まるのとそう変わらない

 

これならグッとハードルがさがるはず!

食材を注文できるキャンプ場は結構あります。(前日までに予約のところが多いので注意)

事前買い出しも必要ないですし、重い荷物も運ばなくてよい。

時間の大幅カットにもなるのでオススメですよ〜( ^ω^ )

④準備は最低限ですむような段取りで

大人数で泊まれるテントを持っていない場合は、思い切ってレンタルしちゃいましょう!

「小川キャンパル」などの高級テントですと高く感じますが、一流メーカーの高級テントが試せる!と思ったら安いのかもしれませんね。

 

aimi
aimi

なかなかそんな機会ありませんよ〜?

私もmyテント持ってるけど、たまには他のテントも試したくなるしw

割り勘にすればそんなに高くはならないはずです。

「そらのした」でレンタルすると、4〜5人用テントが9,800円とありますから、ひとり2,500円くらいにはおさまる計算ですね。

野外フェス、「そらのした」のレンタルテントだといくらかかる?購入の場合と徹底比較!

⑤テントにこだわらず、バンガローでも

天気予報が微妙だったり、・暑い日だったら…

思いきって冷暖房完備のバンガローに切り替えてみてはいかがでしょうか?

テントと違って、宿泊料・キャンセル料が高くなったりとデメリットもありますが、直前で空きが出たらラッキーですよね。

 

aimi
aimi

天気が悪い=キャンセルする人も多いってこと!

ラッキーなことに直前割がきいたりすることも?

バンガローの中にコタツがあったり、ベッドがあればシュラフいらずです。

かえって節約になる場合もあるかも。

⑥デイキャンプでもいいじゃない?

泊まるのはハードルが高いよ!という方も多いと思います。

そんな場合、「泊まらないキャンプ」はいかが?

- マリンパーク新居浜キャンプ場〜www.nap-camp.comより引用

– マリンパーク新居浜キャンプ場〜www.nap-camp.comより引用

 

キャンプ場のホームページや、「なっぷ」などの予約サイトを見てみると「デイキャンプ料金」という料金体系を持っているキャンプ場がほとんどです。

四国の「マリンパーク新居浜キャンプ場」ではテーブルの場所代として500円、とありますね。

一般的には「テントの場所+入場料」合わせても宿泊より安くなる計算になっています。

 

明日は

  • 仕事が急に入った…
  • 予定があって帰らないといけない…
  • 天気が悪そうだ…

なんて時にも使えるワザなので、覚えておくといいかも♪( ´▽`)

⑦ぜったいに電源サイト

①でもあげさせていただいた暑さ・寒さ対策のほかにも…

・スマホの充電!
・PC開けて仕事をしたい!
・2時間たっぷり映画を楽しむ!
という使い方もできるので、電源サイトは非常にオススメ。
料金の差は、大きいところと小さいところがあるのでそれは注意が必要かも。
私は「ポータブル電源」を持っているんで電源サイトはほとんど使うことはないですが…
【災害時にも便利】「Jackery ポータブル電源 400」レビュー・夏冬キャンプが鬼快適に!

⑧ピークシーズンは外す

ピークシーズンのキャンプ場は、無法地帯になってしまう場所も残念ながらございます。

特に都会から近いところは、来やすさもあってか

  • 夜遅くまで騒いでいたり
  • 音楽を鳴らし放題
  • 花火をしていたり
  • ケンカが起きたり…(2度遭遇したことあります。怖いですよね、しかも一度巻き込まれて知り合いが殴られたことがある。顔面が腫れて大変そうだった…)

 

そういう方が多いのも現実です。

最悪、夜寝れないなんてことも(泣)

ですので、なるべく人が少ないシーズンを狙って行った方が静かにキャンプが楽しめますよ。

一般的には夏以外、です。

キャンプ=焚き火という方も多いですね

キャンプ=焚き火という方も多いですね

⑨近くに日帰り温泉施設のある場所にする

キャンプ場に温泉が併設されているのが一番ですが、されていない場合は事前入浴してからキャンプ場に向かうしかありません。

キャンプ場内の施設に「シャワー」ってのもありますが、あれ個人的には使ったことないんです。

なんか使う気が起きなくて…。

せっかくの遠出で疲れをとりたいと思いが強く…_φ( ̄ー ̄ )

そういう方も多いのではないでしょうか?

 

aimi
aimi

そして、キャンプ場に着いたらお酒も飲みたいしねえ〜

逆にしてもいいですが、そうなるとだるくて行くタイミングを失いますw

飲酒運転は絶対にダメですし!

温泉が近いキャンプ場を選ぶと、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)がグッと上がるキャンプになりますよ♡

最近訪れた高知県の「ONIWA」というキャンプ場は、飲んだ後に温泉送迎サービスがあってぶったまげましたw

【高知県芸西村】「ONIWA」でまったりソロキャンプを堪能・徹底レポ!

⑩なるべく買い物が気軽にできるエリア

キャンプ場って

大体の場所が、山・川・海・湖などの自然あふれる場所にある

方程式がありますので、歩いてすぐコンビニ!って場所はまれですよね。

スーパーや商店が近くにあっても早い時間に閉まってしまったり。

ですので、やはりキャンプ場内・もしくはその近くで足りないものがそろえられると嬉しいですよね。

私もおっちょこちょいなので、忘れ物はしょっちゅうするんですが…

 

地方の小さな商店にお金を落とすのも、イイことなので(忘れ物を正当化w)。

あえて、食材は現地調達するのもアリ!

ちなみに私の住む高知県では魚が美味しいので、現地で安い魚を買ってきてたらふく食べてます。

現地調達の魚ほど美味しいものはございません!

現地調達の魚ほど美味しいものはございません!

 

:天候不良で無理してやっても好きになんてなってもらえせん。ゆるく気負いなく楽しむのが吉

ここで一度まとめましょう。

<【初心者でも無理なく】キャンプ好きになってもらえる10つの方法とは?>

 ①暑さ・寒さ対策は万全に
 ②清潔感がある、高規格キャンプ場をねらう
 ③分担をざっくり決めておく、もしくはお任せにしてもらう
 ④準備は最低限ですむような段取りで
 ⑤テントにこだわらず、バンガローでも
 ⑥デイキャンプでもいいじゃない?
 ⑦ぜったいに電源サイト
 ⑧ピークシーズンは外す
 ⑨近くに日帰り温泉施設のある場所にする
 ⑩なるべく買い物が気軽にできるエリア
本格的なキャンプをいきなりしようとすれば、疲れます。

本当にはじめてならあまり考えず、バンガロー泊や日帰りをオススメしますよ♪

ゆるく、気負いなく行けるのがキャンプのいいところなんですから。

aimi
aimi

それを否定しちゃ本末転倒ね…

 

この記事を参考に、安全に楽しんでいただけたら幸いです。

以上、「【初心者でも無理なく】キャンプ好きになってもらえる10つの方法とは?」の記事をお送りしました。

関連記事

テント泊で寒く寝れない人必見!私が就寝時使っている装備を教えます

私は登山もするのですが、登山用品にはハイスペックなものが多いです。

とくに寒さ対策は、登山メーカーのもので身を固めるとバッチリかと。

キャンプする前に登山用品店ものぞいてみると、選択肢がグッと広がりますよ♪

【冬の登山】テント泊で寒く寝れない人必見!私が就寝時使っている装備を教えます

 

【極寒テント泊】装備が万全でも寝れない時、私がしているとっておきの4つの方法

装備が十分でも寒くて寝られない?

ありえないようで、あり得る話(苦笑)。

そんな時のとっておきの方法をご紹介します。

【極寒テント泊】装備が万全でも寝れない時、私がしているとっておきの4つの方法