>>【速乾性・強度もバツグン】アウトドアメーカーのマスクまとめ
スポンサードリンク

【早朝撮影】「ひょうたん桜」の朝焼けのひかりを狙う!

【早朝撮影】「ひょうたん桜」の朝焼けのひかりを狙う!撮影ロケ/高知県

こんにちは、高知県在住アウトドアライターのaimi(@shikokunoyama)です。

先日、ミラーレス一眼カメラを手にして初めての「ひょうたん桜」の撮影を決行。

その様子をレポートしていきますね♪( ´▽`)

 

週末は雨予報・貴重な晴れを狙って平日決行!

2020年3月25日水曜、午前8時半に「ひょうたん桜」に到着するように少し早めに出ました。

毎年訪れる場所ですが、平日でもかなりの混雑するスポット。

さらに満開直後の週末は何日も連続で雨予報ときた(苦笑)

頭をひねり…

今回は、”山里に入ってくる朝の優しい光”目当てです。

【逆走厳禁!】ひょうたん桜へのアクセス…一方通行なので注意

高知市方面からだと仁淀川町唯一のローソンの手前、国道33号の「ひょうたん桜入り口」と書かれた看板を右折し、仁淀川町の役場新庁舎を左に見ながら一気に坂を上っていきます。

桜の時期限定で一方通行で地元の人たちが管理しているので、絶対に逆走してはいけません。

この山の中の集落で茶畑を営んでいる方や、集落があります。

ご迷惑にならないように・・・。

詳細はアクセスの記事にお任せするとして、さっそく撮影レポートです。

 

ひょうたん桜は、駐車場からすぐのところにありました。

 

aimi
aimi

毎年来てるけど、やっぱりめちゃくちゃデカイ!

 

「ひょうたん桜」樹齢500年の巨木を全部写せるポイントは、そう多くはない

ものすごく太くて立派な木です!

着けば、すぐにわかる巨木ですよ。

樹齢約五百年、樹高21m、根元廻り6m、県の天然記念物にも指定されている桜の古木です。学名はウバヒガンですが、つぼみの形がひょうたんに似ていることからいつしか「ひょうたん桜」と呼ばれるようになりました。

〜「仁淀川町観光協会HP」より引用

どこから撮るのがいいだろう?と頭を巡らせていても、ここは山の中。

斜面ですから限られます、何パターンかしか思いつきません。

周辺のカメラマンさんのいる位置を参考に、撮影してみました。

①一段下の芝生スペースから

カメラマンさんがこぞって目指す場所のひとつ。

ちょうど先客がいらっしゃいましたので、譲り合っての撮影となりました。

人が誰も映らないのは早朝だけですよ!

 

②階段下、菜の花とともに

ひょうたん桜の直下に、階段があります。

階段を下りながら振り向きざま、というのが良さそう。

この長い階段を下りる途中、振り向くと菜の花に囲まれたいい写真が撮れます

ちょうど、真下にあたるので撮影姿勢が難しい場所です

ちょうど朝日のほのかな光が入ってくれました

③お手洗い・売店のある上段から

定番中の定番。

ひょうたん桜を見下ろす角度からの撮影です。

よく観光パンフレットなどに使われている構図ですね〜。

ただ、どうしても人が入りやすい構図になるので…

なるべく早朝が望ましいでしょう。

朝日が差し込むひょうたん桜、遠征と思われる三脚組が10人以上!

少し色味を変えて、いい感じですね〜♪

こんな感じでたくさんのカメラマン!

 

他にもたくさん、桜の木が植えられていますが…

枝垂れは多少早めだったような。

ちなみに昨年は、「ひょうたん桜」満開の時には咲いていたのですがね。

タイミングとは難しいものです_φ( ̄ー ̄ )

なかでも良かった写真をおみせしますね。

その他の写真

「ひょうたん桜」のつぼみ=ひょうたんの形

つぼみ=ひょうたんの形に見えますか?散り始めだとそれは確認できないのです…

 

早朝ならではの桜❌朝日のコラボ

朝日に染まる、桜

シダレサクラ。少し早かったな〜と嘆かれてる方も。

朝日のあたる桜並木

桜並木の散策♪

山里❌菜の花❌桜の風景

対面の山と、桜

山里と菜の花、ビシッと揃って情報量の多い写真になってしまったけど、すごくきれいでしたよ

まとめ:早朝撮影は実りあるものでした。色味の修正が若干難しいか

1時間半くらいあちこち撮影して回りましたが、時間がかかって大変だったのは帰ってきてからw

桜の色を出したい=ピンクを協調したいとなっても、朝の光が当たっていないところのピンクは出せないと割り切るしかありません。

少しの調整で現実の色とはどんどん離れていってしまうのがもどかしく、ある程度は割り切った現像となりました。

でも、遠目から見たらいい感じでしょ?という風にはなりました。

近くで見ると、やはり修正跡が見えるというか。難しさを感じましたね(_ _).。o○

あなたもぜひ、「ひょうたん桜」訪れて見てください。

私は四国で一番美しい桜だと思っています。

来年は夜、星狙いで行きますよ٩( ᐛ )و

カメラマンさんがかなりいらっしゃるとの噂…

以上、『【早朝撮影】「ひょうたん桜」の朝焼けのひかりを狙う!』の記事をお送りしました。

関連記事

姉妹ブログの記事にはなりますが、大好きすぎて毎年行ってるので記事がたくさんたまってしまいました!

【逆走厳禁・一方通行なので注意】「ひょうたん桜」へのアクセス

「ひょうたん桜」のアクセスについて書いています。

「ひょうたん桜」へのアクセス【逆走厳禁・一方通行なので注意】 | 高知に移住したのーてんき女のブログ
こんにちは、高知県在住のアウトドアライターのaimiです。毎年、高知県仁淀川町の「ひょうたん桜」に訪れていますが、アクセスの詳細を書いてあるページが少なかったので筆をとっています。事前知識がないまま行くと、大変なことになる場所なので注意が必要ですよ。

「池川茶園 工房Cafe」【仁淀川町】のソフトクリームで春爛漫!

今回訪れた「ひょうたん桜」の帰路の439号線沿い。

仁淀川町産のお茶を使ったプリンやソフトクリームが有名なカフェのご紹介です。

「池川茶園 工房Cafe」【仁淀川町】のソフトクリームで春爛漫! | 高知に移住したのーてんき女のブログ
4月初旬。高知市内よりも少し遅い、桜の満開情報を頼りに仁淀川町にやってきました。 この日は「ひょうたん桜」の見学のついでに目当ての「池川茶園 工房Cafe」へ! 「池川茶園 工房Cafe」への行き方 「池川茶園 工房Cafe」は高知市内から車で約2時間。仁淀川町の旧池川地区にあります。【高知市・国道33号

【アクセス注意!】ロードバイクで訪れてみたよ!ひょうたん桜&桜の名所3選。

今回「ひょうたん桜」をロードバイクで巡ってみたという記事です。

他にもたくさんの名所があるので、ぐるっと回るのにちょうどいいコンパクトシティな仁淀川町。

【アクセス注意!】ロードバイクで訪れてみたよ!ひょうたん桜&桜の名所3選。 | 高知に移住したのーてんき女のブログ
こんにちは!高知県在住アウトドアライターaimiです。つかのまの晴れ日となった4月初旬、「仁淀川町のひょうたん桜」を見に行くことにしました。せっかくなのでロードバイクで仁淀川町の桜を全部見てしまおうという欲張り日帰り旅。

 

 

 

\「GoToトラベルキャンペーン」で旅行代金半額!/

2020年7月22日〜東京都発着をのぞく、国内旅行商品が半額になる『GO TOトラベルキャンペーン』開催中!

<4万円の旅行商品の場合>
代金の割引額に1万4千円、地域クーポンに6千円。
消費者には割引後の金額2万6千円で販売し、地域クーポン6千円を付ける

割引された・最大2万円はまるまる政府負担になるということ!

予算終了まで続きますので、地域復興に役立てましょう。ぜひこの機会をお見逃しなく!新型コロナウィルス対策を万全にし、三密避けられる平日を絡めるのがオススメ。また県内宿泊も大歓迎です。

撮影ロケ/高知県
\気に入った記事はSNSでシェアしよう♪/
@shikokunoyamaをフォローする
スポンサードリンク
四国の山.com