>>【速乾性・強度もバツグン】アウトドアメーカーのマスクまとめ
スポンサードリンク

登山用品売却は、アウトドア専門買取店以外はやめておいたほうがいい理由

登山用品売却は、アウトドア専門買取店以外はやめておいたほうがいい理由登山用品買取サービス

こんにちは!アウトドアライターのaimi(@shikokunoyama)です。

以前、登山用品売却のさい「マウンテンシティ」「GEAR HACK」のレビューを書かせていただきました。

しかし登山用品以外のものも一気に処分したい!という方も多いでしょう。

特に引越しをするときや、シーズン終わりなど。

でも、いっきに売るのではなく

  • 登山用品
  • 登山用品じゃないもの

分けて売却するほうが高く売れます

つまり、

登山用品売却=アウトドア専門買取店以外はやめておいたほうがいい!!!

その理由を書いていきます。

登山用品売却は、アウトドア専門買取店以外はやめておいたほうがいい理由

買い叩かれる可能性が高い

アウトドア用品=高価なものが多いのに、一般のアイテムとおなじく扱われると安く買い叩かれる可能性が高くなります。

  • 「おまとめ査定」
  • 「イッキ見査定」
  • 「気軽に査定ができます」

といいところだけアピールしているのはいいものの、その査定詳細を見せてくれなかったり、まとめるのを言い訳に曖昧にしてくる悪質なところもあります

実際、詳細を見せて欲しいというと、あわてて出してきたところもあって。

いっきにに信頼度ダウン…_φ( ̄ー ̄ )

事前査定がないところも多い

アウトドア用品買取サービスのほとんどが「LINE査定」を取り入れており、家にいながらにして大体の買取価格を教えてもらえます。

いっぽう「ハードオフ」「セカンドストリート」のような大型買取店では、そこまで対応できていない現状…

つまり、ぶっつけ本番!

実際にお店に行ったら行ったで、混んでいると査定時間もそれなりにかかります。

 

aimi
aimi

過去に売った時も、10円とかざらだったし。

交通費を考えたら行くのが無駄だったようにも思えたよ…

 

「ハードオフ」「セカンドストリート」の買い取り価格の安い理由

→駅前の一等地にある土地代
→多数のアルバイトや従業員を抱えている人件費
→マニュアル化された一律価格設定

などが足を引っ張り、安くなる傾向にある。

1点モノ・ブランド品の価値は低く見積もられるパターンも多い。

商品価値がわからないスタッフが査定をする

以前、某リサイクルショップに「クライミングホールド」を持ち込んだときは”これなんだ?”と3人くらいスタッフが寄ってたかって査定してました(泣)

 

aimi
aimi

多分過去に買取事例がなかったアイテムだったんでしょうね…

 

 

これでは売った方も悲しすぎるので、しっかりとしたアウトドア買取専門店にお願いする方が良いでしょう。

登山用品は壊れていたら命に関わることもあるアイテムもあるので、全く商品知識のないスタッフが査定・そのまま売却となると心配な点も多いです。

アウトドア用品買取「GEAR HACK」のように”クライミング用品買取不可”など明確に基準を設けているところもあるくらいなので、全く知らないスタッフが商品を査定・メンテ・売却となるととことん心もとない…と思うところなのであります。

送料がかかることも

アウトドア用品買取サービスはほとんどのところが送料無料になっています。

 送料査定料査定方法査定ボーナス
マウンテンシティ無料無料LINE、電話、メール、出張サービス(福岡・首都圏のみ)Facebookに10%査定UPクーポンあり
GEAR HACK無料査定額5,000円未満の場合は1,000円LINE、メール5点以上の査定
→500円プラス
(最大2,000円・20点までOK)
季節ごとに20〜30%査定UPクーポンあり
トレファクスポーツ無料無料メール、電話特になし
2nd GEAR無料無料メールレインシェル・ウィンドシェル
・バックパック・シューズ
・テント・寝袋
・トレッキングポールの7品目に当てはまると15%査定UP

 

これはアウトドア用品の単価がある程度高く、利益が見込めるからこそ

逆にいうと「専門でない」サービスは送料がかかることが多いです。

注意が必要!

まとめ:登山用品とそうでないモノを分けて、高額査定してもらわないとソン!

ここで一度まとめましょう。

  • 登山用品売却は、アウトドア専門買取店以外はやめておいたほうがいい理由
    • 買い叩かれる可能性が高い
    • 事前査定がないところも多い
    • 商品価値がわからないスタッフが査定をする
    • アウトドア専門買取店以外=送料がかかることも

 

あなたが「もし時間がなくて全部まとめて売りきりたい!」という場合でも最低限、アウトドア用品かそうでないかを分けてから売却したほうがいいです。

なかでも「マウンテンシティ」はアウトドア用品なら何十点でも、ジャンルを問わずどれもこれも一緒に売ることができますので注目ですよ♪

 

aimi
aimi

 基本的に査定だけなら無料なので、じゃんじゃん査定してもらいましょう。

 

さらに、色々なところで査定してもらっておけば「あっちのお店はこっちより買取価格が高かった」などと 値段交渉の材料にもできるので一石二鳥です。

 

 

あなたの登山用品売却の参考になれば幸いです!

以上「登山用品売却は、アウトドア専門買取店以外はやめておいたほうがいい理由」の記事をお送りしました。

関連記事

【アウトドア用品買取】「GEAR HACK(旧買うトドア)」「マウンテンシティ」比較してみた!

「アウトドア用品・買取」で検索上位に引っかかる2社

  • 「GEAR HACK」
  • 「マウンテンシティ」

 

アウトドア用品の2大買取サービスを比較してみたので、チェックしてみてくださいね。

似ているようで全く違うよ?!

【アウトドア用品買取】「GEAR HACK(旧買うトドア)」「マウンテンシティ」比較してみた!
こんにちは、アウトドアライターのaimiです。 先日、引っ越しのときにつかわなくなった登山用品を整理しました。 そのさいに利用したアウトドア用品買取「マウンテンシティ」と「GEAR HACK」の2社について比較してみることにしました。 それでは細かく見ていきましょう~♪

▼GEAR HACKのレビュー記事はこちら▼

それぞれ、買い取ってもらった時のレポートを記事にしています!

▼マウンテンシティのレビュー記事はこちら▼

 

 

 

 

 

\「GoToトラベルキャンペーン」で旅行代金半額!/

2020年7月22日〜東京都発着をのぞく、国内旅行商品が半額になる『GO TOトラベルキャンペーン』開催中!

<4万円の旅行商品の場合>
代金の割引額に1万4千円、地域クーポンに6千円。
消費者には割引後の金額2万6千円で販売し、地域クーポン6千円を付ける

割引された・最大2万円はまるまる政府負担になるということ!

予算終了まで続きますので、地域復興に役立てましょう。ぜひこの機会をお見逃しなく!新型コロナウィルス対策を万全にし、三密避けられる平日を絡めるのがオススメ。また県内宿泊も大歓迎です。

登山用品買取サービス
\気に入った記事はSNSでシェアしよう♪/
@shikokunoyamaをフォローする
スポンサードリンク
四国の山.com