>>【アウトドア用品買取サービス】5点おまとめ査定で+1,000円!?「GEAR HACK」「マウンテンシティ」比較してみました!<<
スポンサードリンク

【大迷惑】キャンプ場オーナーの悲鳴まとめ!~マナーがわからない人は来ないで!

キャンプ

こんにちは、アウトドアライターのaimiです。

先日、東京都伊豆諸島・神津島のキャンプ場が「マナーの悪い客が多すぎて閉鎖になる」という情報が飛び込んできました。

 

無料キャンプ場は管理人がおらず、無法地帯になる傾向があります。

 

aimi
aimi

四国にも無料のキャンプ場があるのですが…こんなに汚いところはありません。

どうなってるのでしょうか(汗)

 

テレビでも放送されて話題になっていたようです。

 

と、ここまでは東京・神津島観光協会さんの悲鳴だったわけですが、民間のキャンプ場でもトラブルが相次いでいます。

オーナーさんの悲鳴を読むことで「キャンパーの身が引き締まる」こともあると思うので、まとめてみました。

【大迷惑】キャンプ場オーナーの悲鳴まとめ!

①「春さくらコテージ」【奈良県天川村】

2019年8月中旬、ネットをざわつかせる文章が拡散されました…

奈良県にある、キャンプ場オーナーさんの記事です。

 

さっと要約すると

  • シングルファーザー(お子様と同伴が条件です)
  • 障害のある独身男性
  • 36歳以上の独身男性
  • カップル1組2名様

 

以外は来ないでくれ!!!!!という強い口調の文体です(苦笑)。

 

 

一瞬何かトラブルでもあったのかな、という事を思って最後まで読み進めると、やはりトラブルが起きていたようです、

  • 20~30代男性が騒ぎ倒した
  • マナーがなっていない人は泊らないでくれ、と言っているのに帰らない
  • 初対面で失礼なことを言ってくる客
  • 入れ墨を堂々と見せてくる客

(以下略)

 

春さくらコテージに宿泊される18歳~35歳の独身男性には宿泊された男性の中で
1番優しくなって頂きたいのです。

しかし現実は、俺が、俺が、俺が、俺が、俺が、俺がこんな人が多いです。

 

ちょっと怖いですよね‥‥ここまでエスカレートしてしまうとww

お子様もたくさん来場するであろう、キャンプ場がこのような一部の悪いお客さんのために台無しになってしまう(*_*;

 

aimi
aimi

夏休みの絵日記に書けるような、平和なキャンプだったはずなのに…

はじめは男女差別では?とちょっと偏った見方で読み進めていたのですが、オーナーさんが大変困ってらっしゃるのが伝わってくる文章にちがいありませんでした。。。

 

≪悲鳴に対する意見≫

②「ベルパークちっぷべつ」【北海道秩父別町】

続いてご紹介するのは、1泊500円とたいへんリーズナブルな北海道中部のキャンプ場。

温泉施設も隣接していて、便利だという事もあり人気があるそうです。

しかし最近、キャンプ場で「直火」あとがみられるとのことで‥‥

※直火は禁止されています

同キャンプ場では、高熱のキャンプ用品を芝生に直接置くことは禁止されている。過去最多の来場者数を記録する中でのマナー違反に、関係者はルールを守るよう注意を呼び掛けている。

 

aimi
aimi

これは困りますね!

 

一度炭化してしまった芝生は、元に戻るのに数年かかります。

張り替えるにしても尋常でない費用が…。このままでは利用料金が上がる可能性だってあります。

植生の事を考えたら、直火可能のキャンプでも焚火台を使うべき、と個人的には考えていますよ

 

≪悲鳴に対する意見≫

 

隣のキャンパー焚き火思いっきりやってる
ルールやマナーを守れないなら来なければいいのに
自分だけ良ければがモラル

 

 ほんとうに常識のない規則を守らない人が多い!

あまりひどかったら現場確認して退去させないとダメですよね!

 

 

③「木崎湖キャンプ場」【長野県大町市】

木崎湖キャンプ場はtwitterで毎日、天気や混雑状況を発信されています。

しかし、かなりの頻度でマナーが悪い人が現れてしまう…(*_*;

その都度、”こういう悪い方がいました”と注意喚起されているのですが、読まれていないんでしょうかね…

 

東京方面からもアクセスがいいという場所柄、お盆連休にはかなりの人が押し寄せたそうです。

 

≪悲鳴に対する意見≫

キャンプ場にもお客様を選ぶ権利があります。

そういう人を入れたが最後、また場内で迷惑行為を続けてしまったら…?

ほかのお客様が2次被害にあってしまいます。

事前に被害を食い止めるの、重要ですよね。ありがたきことです♪

 

まとめ:キャンプ場は無法地帯じゃない。マナーを守って利用しよう

いかがでしたでしょうか?

キャンプ場のオーナーさんも頭を悩ませ、発信しているのだと思います。

ほんとうは、怒りたくないはずです。

キャンプ場いちばんの繁忙期・8月にはそういう人が増えてくるのは仕方がない。

ではどうやって最小限に被害を食い止めるか???

 

aimi
aimi

発信していくしかないんですよ!黙っている場合じゃありません!

SNSでどこに行っても気軽に発信できるからこそ、ですね。

私が登山で訪れる稜線の山小屋でさえも、発信していますし。(※電波が入るからこそできることです)

 

aimi
aimi

場内のお客さんが楽しくすごせるように整備するのが、オーナーの役目だから

 

いま一度、訪れるキャンプ場のホームページの注意書きを見直し、お出かけしてみてはいかがでしょう?

事前にさっと見ておくだけでも「こういうコンセプトのキャンプ場なんだ」というのがわかりますし、合わないと思えばキャンセルすればいいだけ。

 

以上、『【大迷惑】キャンプ場オーナーの悲鳴まとめ!~マナーがわからない人いない?』の記事をお送りしました。