>>【速乾性・強度もバツグン】アウトドアメーカーのマスクまとめ
スポンサードリンク

【徹底レビュー】finetrack「コアノパンツ」は秋冬登山・激冷え性である私のツヨ〜い味方

【徹底レビュー】finetrack「コアノパンツ」は秋冬登山・冷え性である私のツヨ〜い味方厳冬期・残雪期

こんにちは、アウトドアライターのaimiです。

秋冬登山シーズン、”ガチの雪山は行かない!” or ”行くよ!”という方も防寒対策はぬかりなく行いたいところ。

かくいう私も冬山だいすきなんですが、寒さは大の苦手で…((((;゚Д゚)))))))

そんな時に購入したのがfinetrack「コアノパンツ」。

1本あるだけで秋冬に大活躍!!しているので買ってよかった♪

早速ご紹介していきますね。

\クリックできる目次/
  1. 「コアノパンツ」とは?
  2. 「コアノパンツ」の外観
  3. 「コアノパンツ」の特徴
  4. 【徹底レビュー】「コアノパンツ」を履いて四国最難関”石立山”登山してきたレポート
  5. 【4年履いてわかった】finetrack「コアノパンツ」のメリット・デメリット
  6. 【まとめ】finetrack「コアノパンツ」=買ってよかった1着!ストレスなくあたたかい秋冬登山に必須アイテム
  7. 「コアノパンツ」と一緒に買うと良いアイテム
  8. 関連記事

「コアノパンツ」とは?

2018年までfinetrackといえば「ソラノパンツ」が秋冬の定番モデルだったのですが(こちらも大ファンでした)、廃盤になり「コアノパンツ」が登場。

特徴は生地の厚み!保温性です!

「(今はなき)ソラノパンツ」よりも肉厚で、finetrackパンツシリーズ中、イッチバン分厚い!

そして、動きを妨げない。

冬だからといって運動量が減るわけじゃないのが登山。

むしろ増えるシチュエーションも多かったり((((;゚Д゚)))))))

aimi
aimi

アイゼンつけたり、ピッケルで氷を突いたり…むしろ運動量多いかもww

パンツシリーズ中、最も生地厚があり、脚を通してすぐに感じられる温かさを備えています。独自開発の嵩高性を持つ生地構造により、その温かさに対して軽量で、軽快に行動できます。

finetrack公式「コアノパンツ」説明より引用
「コアノパンツ」の素材はfinetrackのパンツシリーズ中、最も生地厚があります

「コアノパンツ」の外観

finetrack公式より引用〜www.finetrack.com
finetrack公式より引用〜www.finetrack.com
finetrackのパンツラインナップ〜finetrack公式より引用
finetrackのパンツラインナップ〜finetrack公式より引用

「コアノパンツ」はfinetrackの登山用パンツラインナップ5種

  • クロノパンツ(初夏〜盛夏・厳しい残暑/レギュラーシルエット)
  • カミノパンツ(春〜初秋/スリムシルエット)
  • コアノパンツ(秋・冬/スリムシルエット)
  • トルネードパンツ(オールシーズン/スリムシルエット)
  • ストームゴージュアルパインパンツ(オールシーズン/レギュラーシルエット)

のちょうど真ん中。

finetrackの中でももっとも分厚い生地を使用→秋冬登山用となっています。

上記図解では、6種となっていますが「スカイトレイルパンツ」だけはトレイルランや沢登り用パンツとなっているので今回は5種に絞りました

aimi
aimi

スリムシルエットなのもうれし〜!

「コアノパンツ」の特徴

Mサイズ。155cmの普通体型の私でも、丈もなおさずそのまま着ています

動きやすく、すっきりと美しいシルエット

「コアノパンツ」は”スリムシルエット”をうたってはいますが…

ぶっちゃけ”ノースフェイス””パタゴニア”のパンツようなかっこいいシルエットではございません。

中にサポートタイツを着たりアルプスなどの岩稜の通過等を想定しているのでややゆったりめ。

(ちなみに私、サポートタイツはワコールのCX-Wを愛用、厚手ですが着圧が秀逸♪)

店頭で試着して買いましたが、ミドルカット登山靴歩行を想定していたので丈直しは必要なかったです!

多少丈が長いと感じても登山靴を履いたら意外とピッタリ。

aimi
aimi

初めからガッツリ降雪の時はこれを履きませんし、ゆるいスノーハイク程度なら全然使えます。

一枚でも秋冬シーズンにじゅうぶんな温かさ

秋冬はこれ1枚あれば、以下のような

  • ご来光待ちの寒さ対策
  • ゲイターを必要とする低山・高山スノーハイク
  • 秋冬里山ハイク
  • 多少の雨もしのげるので、脱いだり着たりの時間ロスを抑えられる(レインコートを出すまででもないほどの雨)

シチュエーションではガンガン使えてます。

足を通すだけでほんのり温かいので、野外でのスポーツ観戦や農業の手伝いに行く際にも使っちゃってるのは内緒w

優れた撥水性と防風性

「コアノパンツ」のシルエットや生地のこだわりはすごい!
「コアノパンツ」のシルエットや生地のこだわりはすごい!
〜finetrack公式より引用

「コアノパンツ」の立体裁断、ポケット、生地の工夫は他社が真似したくてもできないほどのこだわりが。

言い方は悪いですがfinetrackは”コストを抑える”のとは逆行してるメーカーだけあり、秋冬登山に便利なものがすべて詰め込まれています。

特に”リンクベルト”というベンチレーション(換気機能)は膝のすぐ上にあり、ゲイター装着時にも支障なく使えるので個人的お気に入り。

aimi
aimi

ベンチレーションの位置がまたイイ!ゲイターの邪魔をしないから♪

【徹底レビュー】「コアノパンツ」を履いて四国最難関”石立山”登山してきたレポート

岩稜帯の伸びが秀逸!突っ張ることもなく、気温ひとケタでも寒くもない

2021年11月、四国最難関の岩山”石立山”(山行時間8時間超)に「コアノパンツ」をはいて挑んできました!

その名の通り、岩が非常に多め。

寒い日ではありましたが…

手を使いポカポカあったまるほどの運動量w

それでも足が突っ張ることもなく、よく伸びるのでストレスはなかったですね。

この日は太陽がほぼ出てくれない残念な1日ではありましたが(終日気温ひとケタ)、休憩時も冷え切ることなく過ごせました。

aimi
aimi

寒いからといって厚着しモタつく足回りにすると引っ掛けたりするから…なるべく薄着で登りたい!そんな希望に応えてくれるのが「コアノパンツ」なのです。

finetrack「コアノパンツ」は秋冬登山・冷え性である私のツヨ〜い味方
finetrack「コアノパンツ」は秋冬登山・冷え性である私のツヨ〜い味方

【ちなみに】厳冬期石鎚山(2月)でも重宝、ベンチレーションが優秀すぎて…汗かきづらく快適!

暑い時にはベンチレーションを開けて、空気を通すと汗も引きます。

実際、スノーハイクにも重宝。

ちなみに2020年2月の厳冬期石鎚山にも履いていきましたが、快適そのものでしたよ♪

雪山ってスパッツ(ゲイター)しているからか、足がムレるんですよね。

そんな時にひんやりとした風を足に当てるだけで快適な山あるきに変身!

厳冬期にも絶大な信頼を寄せています。ちなみにウエア上半身もfinetrack「エバーブレスアクロ」
メッシュ地のベンチレーションは、中のタイツが穴からちょっぴり見えるだけ。素肌に着ても問題なさそう

【4年履いてわかった】finetrack「コアノパンツ」のメリット・デメリット

ここからは、登山好きなアウトドアライターである私が感じたfinetrack「コアノパンツ」のメリット・デメリットを書いていきます。

finetrack「コアノパンツ」のメリット

とにかくあたたかい

「コアノパンツ」=足を通すだけであたたかい!

生地には軽量性・伸縮性・耐摩擦性・クッション性に優れてた素材(ナイロン55%・ポリウレタン45%)を使用。

タイツを合わせて履けば、中に空気の層ができて防寒対策バッチリ。

もちろん素肌でもOK。

肌触りのよい肌面の嵩高(かさだか)パイル素材できもちいいです。

ゲイターとの相性が抜群!汚れ防止だけではなく、つけることで保温力がUPします

動きを妨げない(厚着をしなくても良いので足がもつれない)

「コアノパンツ」=岩場でも足がもつれない!

finetrackの得意分野である”追随性”はぜひ体験していただきたい!!!

びっくりしますよ。

私もたくさんの他社のパンツを履いてきましたが、伸びる素材ってこんなにストレスのない動きができるんだとひっくり返りましたもんwww

これはfinetrackの他のウエアにも言えることです。

小雨程度ならしのげる!撥水加工&高い防風性

防風性試験結果〜finetrack公式より引用
防風性試験結果〜finetrack公式より引用

「コアノパンツ」にはあらかじめ撥水加工がされています。

上記グラフは生地を通過する空気量を測定したものですが…

他社のオールシーズン用パンツの数値の半分♪

それほど防風性に優れていて、しかもベンチレーション(後述)で汗をにがせるというのだから…

まさに”イイトコ取り”のパンツ!!!

フラジール型法 JIS L1096:2010 A法
生地を通過する空気量を測定し、防風性の度合いを数値化する試験方法。数値が小さい方が防風性が高い。
コアノパンツはオールシーズン用パンツと比べて通気性が1/2であり、風を通しにくく、防風性に優れているといえる。

finetrack公式より引用

さらに、finetrackでは”撥水加工復活サービス”をされています。

なので、数年経って撥水機能がなくなった生地も買った時のように復活させられますよ^ ^

aimi
aimi

1着3,080円とやや高価ですが、雨が玉のように弾くのを見るとやめられません!これホントですよ

「撥水復活サービス」〜finetrack公式より引用

ベンチレーション(換気機能)が秀逸

膝の上にチャックがありますが、メッシュ穴は控えめなので中は見えにくいです

私が「コアノパンツ」を気に入っている1番の理由はベンチレーション。

これなら秋冬の汗だく急登もへっちゃら!

立ち止まって着替える時間も惜しいほど、冬の日は短いので…

頂上でのゆっくりした時間を取りたいなら、こういう小さな積み重ねもストレスをなくしていきたいものですから〜♪

汚れにくく、破れないので長年もつ

カミノパンツ VS 紙ヤスリ
↑コアノパンツは秋冬用ですが、春夏用「カミノパンツ」の強度を示した動画↑
もちろんコアノパンツも同等の強度を有しています。スゴッ!

私の住む四国の山は笹薮が多く、ダメージがすごい!!

でも引っ掛けたりほつれたりすることなく4年間頑張ってくれてます♪

素材のナイロン・ポリウレタンはなめらかな肌触りでありながらも、擦れや枝の引っかかりなどに強い耐久性を持続。

ポリウレタンは経年劣化すると言われていますが、一般的登山ウェアよりも比率を”45%”と低く使用しているため大幅なダメージは避けられているのです。

その証拠に、ほとんどの登山ウェアはポリウレタン比率90%((((;゚Д゚)))))))

安いパンツを1年で履きつぶすのもイイですが、何年も大切にはき続けるのは登山者にとって最高にエシカルだと思いませんか

aimi
aimi

「『人と社会、地球環境、地域のことを考慮して作られたモノ』を購入・消費する」ことがエシカル消費というんだよ!これから社会のお金を使う先は、自分で納得したところに向けていきたいからね。

finetrack「コアノパンツ」のデメリット

シルエットがややダサい

「コアノパンツ」は”スリムシルエット”をうたっていますが、他社よりも若干ゆるめの設定。

ストレッチが効いているので動いている最中は気になりませんが、写真撮影などの時に

”あ、シルエットダサいな…”

と思うこともしばしばww

ちょっとモンベル寄りなんですよね(finetrackはモンベルから独立された方が創業したメーカー)

ちなみにノースフェイスやマウンテンイクイップメントのようなクライミング寄りのメーカーの方がシルエットはかっこいい傾向にありますね。

マウンテンイクイップメント「WOMEN'S DIHEDRAL PANT」
マウンテンイクイップメント「WOMEN’S DIHEDRAL PANT」のシルエットは体にぴったり

18,000円と高価(ワークマンのパンツが6枚買える)

「コアノパンツ」の定価は18,000円。

しかもfinetrack=ほとんど割引をしないメーカーだけあって、なかなかお高いお値段となってます。

いっぽう最近登山者が注目している”ワークマン”のクライミングパンツが2,980円ですから、その差6倍!

しかし、破れやすいとのレビューも多いのでワンシーズン使うライトハイカー向けであることは否めません…

aimi
aimi

6枚買えちゃうよ…w 経年劣化する”ポリウレタン100%”となってるので、長くは履けないだろね〜

【まとめ】finetrack「コアノパンツ」=買ってよかった1着!ストレスなくあたたかい秋冬登山に必須アイテム

ここで一度まとめましょう。

【4年履いてわかった】finetrack「コアノパンツ」のメリット・デメリット

メリット

  • とにかくあたたかい
  • 動きを妨げない(厚着をしなくても良いので足がもつれない)
  • 小雨程度ならしのげる!防水撥水加工&高い防風性
  • ベンチレーション(換気機能)が秀逸
  • 汚れにくく、破れないので長年もつ

デメリット

  • シルエットがややダサい
  • 18,000円と高価(ワークマンのパンツが6枚買える)

岩稜帯の伸びが秀逸!突っ張ることもなく、気温ひとケタでも寒くもない♪

厳冬期石鎚山(2月)でも重宝、ベンチレーションが優秀すぎて…汗かきづらく快適!

…ということで秋冬登山では毎年お世話になってる必須アイテム。

シルエットこそダサいですが、命に関わる気温の低い時期の登山ウェアですし機能性の方が大事w

finetrackは登山ショップでも取り扱っている場所が限られているので、入手しづらいかとは思いますが…

アマゾンの試着サービスなどを利用して、うまく買い物していただけたら♪

寒さ対策に一本持っててぜ〜ったいに後悔しないアイテムなので、ぜひともチェックしてみてくださいね

aimi
aimi

めちゃめちゃ冷え性の私も納得のコアノパンツ。

ちょっと高いけど履いたら良さがすぐわかるよ!

以上、”【徹底レビュー】finetrack「コアノパンツ」は秋冬登山・激冷え性である私のツヨ〜い味方”の記事をお送りしました。

「コアノパンツ」と一緒に買うと良いアイテム

モンベル「GORE-TEX ライトスパッツ セミロング」

私の住む四国の山=笹藪が多く、晴れていても朝露で濡れてしまうんですよね。

なので、雨でなくてもゲイター装着が基本だったりします。

「コアノパンツ」との相性も良く、装着しやすい丈の長さでした♪

アクシーズクイン「アメノスカート」

雨が降ったり止んだりする場合、レインパンツの脱ぎ着は靴を脱がなければならずこの上ないストレスですよね?

そんな時に登山ブランド”アクシーズイン”の作ったレインスカートはいかがでしょうか。

袴のような形状なので、動きを全くさまたげませんよ♪

男性用もあり、かっこよし〜!

荷物の軽量化にも一役買ってくれます。

UL系のYouTuberさんたちの御用達だったりも。

関連記事

【超軽量ULウインドシェル】finetrack ファイントラック「ピコバリア」の徹底レビュー

私がfinetrack製品をはじめて買ったのがウィンドシェル。

軽く小さくスマホサイズなので、真夏の稜線での休憩や3シーズンの運動量の多い登山に最適です!

【3シーズン(冬以外)】四国の登山装備一覧

「コアノパンツ」は3シーズンのちょっと寒い時にも大活躍!

他にどんな装備がいるのか?再確認していただけると幸いです。

【厳冬期〜残雪期】四国の雪山登山で使う装備一覧

雪山登山の中でも残雪期に活躍する「コアノパンツ」。

他の装備も是非ともチェック!

\「GoToトラベルキャンペーン」で旅行代金半額!/

2020年10月1日〜東京都在住の方も対象になりました!国内旅行商品が半額になる『GO TOトラベルキャンペーン』開催中٩( ᐛ )و

<4万円の旅行商品の場合>
代金の割引額に1万4千円、地域クーポンに6千円。
消費者には割引後の金額2万6千円で販売し、地域クーポン6千円を付ける

割引された・最大2万円はまるまる政府負担になるということ!

予算終了まで続きますので、地域復興に役立てましょう。ぜひこの機会をお見逃しなく!新型コロナウィルス対策を万全にし、三密避けられる平日を絡めるのがオススメ。また県内宿泊も大歓迎です。

厳冬期・残雪期
\気に入った記事はSNSでシェアしよう♪/
@shikokunoyamaをフォローする
スポンサードリンク
四国の山.com