>>【速乾性・強度もバツグン】アウトドアメーカーのマスクまとめ
スポンサードリンク

【冬期登山・徹底比較】ワークマン「メリノウール長袖ラウンドネックシャツ」VSモンベル「スーパーメリノウール」は後者に軍配が上がった件

【冬期登山・徹底比較】ワークマン「メリノウール長袖ラウンドネックシャツ」VSモンベル「スーパーメリノウール」は後者に軍配が上がった件厳冬期・残雪期

こんにちは、アウトドアライターのaimiです。

先日、やっとこさ”ワークマンプラス(ワークマンの一般向け高機能ウェア販売・実店舗)”に行けたので、気になっていたメリノウールをGET♪

早速先日の雪山登山にて使い倒してきましたので、レビュー&メリット・デメリットをお伝えしていきます。

冬こそ、美しい景色が観れるのが登山の醍醐味。私は長時間撮影することもあるので、インナーはとても大事です。

ちなみに、それまではガッツリとモンベル「スーパーメリノウール」愛用者だったので、1日着用し過ごすことですぐに違いはわかりました。

重ね着しやすい”ラウンドネック(丸首)”という形状の共通点もあり、ほぼ同条件で試せましたよ。

結論から申し上げますと…

  • ワークマン→モンベルと比較するとやや厚手。運動量少なめならあたたかくて良いが、汗をかく場面ではやや蒸す感じも。あと静電気がガッツリ
  • モンベル→薄くて山行中は快適!汗もきちんと外に逃がせている

ワークマン「メリノウール長袖ラウンドネックシャツ」はメンズ・レディースともに店舗のみの取り扱いとなっています。以下リンクより店舗在庫確認→お取り置き在庫ご依頼から、購入願います。

\メンズはこちら/

\レディースはこちら/

【モンベル】スーパーメリノウール L.W. ラウンドネックシャツ Women’s
created by Rinker

aimi
aimi

 

それでは詳しく見ていきましょ〜!

「メリノウール」を冬期登山で使用するシチュエーションって?

雪山ハイクでも急登で運動量多め&アイスクライミングなどの汗かく場面

夏より慎重に通過しなければならない。石鎚山天狗岳の鎖場にて

 

「メリノウール」は、冬期登山のどんな場面でも大活躍してくれます。

冬山とはいえ活動量の多いシーン。例えば

 

  • 標高差のある、急登ロングな雪山山行
  • わかんやスノーシューでガツガツ登る
  • どぴーかんの残雪ハイク
  • アイスクライミング(クライミング中は暑くても…ビレイ中激さむ)

などなど…!

疎水性インナー(例:ミレー「ドライナミックメッシュ」やfinetrack「ドライレイヤー」)と”ぴったり重ね着”することを重視する人には、モンベルのほうが断然有利ですが…

そこまでシビアな高山に行かない&日帰りのゆるハイク多め、という方にはワークマンでも十分と言えちゃうんです。

疎水性インナーとは?
→熱伝導率の低いポリプロピレンをベースに、かさ高メッシュで編み上げることで肌面の汗を素早く吸収し、上位のベースレイヤー(当記事でいうワークマン or モンベルのメリノウール製インナー)に拡散。さらに汗を吸ったベースレイヤーはメッシュの厚みによって肌から遠ざけられ、肌面の冷えを防ぎ、ドライ感を保ちます。当記事では私の愛用するミレー「ドライナミックメッシュ」をベースに説明していきます。

【冬期登山・徹底比較】ワークマン「メリノウール長袖ラウンドネックシャツ」VSモンベル「スーパーメリノウール」

【価格・スペック比較】モンベルはワークマンが2枚買える価格!しかしフィット感にこだわるため、サイズ展開・厚みセレクト豊富

 ワークマン「レディースメリノウール長袖ラウンドネックシャツ」モンベル「スーパーメリノウール」
価格(税込)1,900円5,610円(M.L.の場合)
サイズS/M/LS/M/L/XL
生地バリエーションなしL.W.(薄手)/M.L.(中厚手)/EXP.(厚手)
重量(実測値)130g99g
サイズ感首元・袖・腕ともに少しゆったり感があるぴったりしておりカラダに追随(中に着用しているミレー「ドライナミックメッシュ(通称アミアミ)」にしっかりフィット)
素材ウール100%
(ワークマンでもっとも細い最上位繊維「スーパーエクストラファインメリノウール」)
ウール85%+ポリエステル15%
(産出量の少ない、伸縮性の優れた「マルチクリンプウール」使用)
静電気対策記載なし、だからか結構パチパチいうカーボン繊維を使用し、常に自然放電
速乾性60分で乾燥(晴天時)30分で乾燥(晴天時)
防臭性1泊程度なら問題ない4泊あたりまでは臭わない

パッケージに記載してあった両者のスペック・自分で調査したものをまとめてみました。

モンベルのほうが

  • サイズ展開・生地バリエーションが豊富
  • 静電気対策バッチリ

という点で優れていますが、ワークマンもモンベル1枚の値段で2枚以上購入できる価格ということを考えると大健闘

防臭性・速乾性という点ではモンベルに比べると少し劣りますが、さほど汗をかく山行でなければしっかりと使えるアイテムであります。

aimi
aimi

 

スゴイ時代になったもんだ…ww

【厚さ】ワークマンはふわふわ厚手、モンベルの方がやや薄手

 

ワークマン「メリノウール長袖ラウンドネックシャツ」

 

モンベル「スーパーメリノウール」M.L.(中厚手)

ワークマン・モンベルは同じメリノウールといえど、肌ざわりと厚みが全く異なります

同スペックの”中厚手”で比較しましたが、モンベルのほうが断然薄い。

その分、モンベルのほうが軽いです(なんと99g!ワークマンと30gの差)。

にもかかわらず腕を通したとたん、薄いのにしっかりあたたかいのには驚きますよ

【その他】ワークマン→チクチク感が少しある、静電気がかなり気になった。モンベルは皆無だっただけに…

ワークマンは厚手でかつ、ふんわり感があるのはあたたかくてGoodなのですが

  • チクチク感(毛羽立ち感?)
  • 静電気(静電気防止対策の繊維が入っていない・モンベルはカーボン繊維で撃退!)

の2点において不快に感じる場面も。

冬の登山では乾燥するシーンが当たり前なのでパチパチと動くたびに気を使うのはコワイ(実は私、静電気恐怖症…)。

火器を使って温かい鍋焼きうどんや、ラーメンを作る場面も多々あるだけに…余計です。

山火事なんて起こしたくないですし( ; ; )

しかも冬は乾燥しているのに加え、ウールやポリエステルでできたあたたかい洋服を重ね着する機会が多いため、夏と比較すると静電気が発生しやすい状況が整っていると言えます…!

登山着のまま帰路でガソリンスタンドに寄ることだって、可能性はゼロじゃありません。

なので”ワークマンのインナーを着たまま帰る場合はガソリンスタンドに寄らない”と心に誓いました。大袈裟なようですが、これくらい注意しないといけないと、私は思います。

静電気火災とは、服や人体などに溜まったプラス極の電子が、金属などに溜まっているマイナス極の電子と反応した時に起こる静電気が原因で発生する火災です。火薬や燃料などの危険物に触れようとした時に静電気が発生すると、大火災につながる危険性があります。

静電気火災は日常生活でも起こり得る現象です。例えばセルフのガソリンスタンドで給油をする際、人体に溜まっていた静電気が車の金属部分に放電してしまい、給油口のガソリンに引火することでも発生します。米国ではガソリンスタンドで発生した静電気火災での死亡例があります。静電気火災は日常生活のわずかな隙に潜む、恐ろしい火災と言えるでしょう。

「防仁学」より引用

【四国・雪山で比較レポ!】晴天汗かき→休憩時・冷えなく快適だったのは”ワークマン”より”モンベル”のほうだった

2022年2月、

  • 高知県・愛媛県の県境にある「伊予富士」にて…ワークマン「メリノウール長袖ラウンドネックシャツ」×(ワークマンの下に)ミレー「ドライナミックメッシュ」
  • 愛媛県「石鎚山」にて…モンベル「スーパーメリノウール」×(モンベルの下に)ミレー「ドライナミックメッシュ」

を着用、比較しました。

どちらも標高が同じくらいで、最後に急登があり運動量がかなり多めの山。

まあまあな汗をかきつつ登りきり、山頂でランチのカップラーメンをすすってる間は激さむ。

ワークマンのほうが、分厚いぶん汗抜けがちょっと悪い気がしました。

ミレー「ドライナミックメッシュ」からワークマン「メリノウール長袖ラウンドネックシャツ」の方にしっかりと汗がいきわたらなかったのが原因かと。

いっぽう、5年間愛用しているモンベル「スーパーメリノウール」はやはり優秀。寒くない

aimi
aimi

 

やっぱり、体への追随性がモロに影響したと思う!いくら空気の層を作るとはいえ、体にフィットしてなければ意味ないからねえ〜。

サイズ展開が豊富なのも”体にぴったりのものを着てね”というサインであるし、やっぱりここは”登山用品メーカー・モンベル”のプライドともいえそう…!

 

石鎚山天狗岳では手を使いながら登るので、結構ポカポカでした

【まとめ】「ワークマン」 VS「モンベル」名rのウール対決を制したのはモンベル!快適さを求めるならフィット感・静電気は重視したい

ここで一度まとめましょう。

 

「メリノウール」を冬期登山で使用するシチュエーションって?

  • 雪山ハイクでも急登で運動量多め&アイスクライミングなどの汗かく場面

【冬期登山・徹底比較】ワークマン「メリノウール長袖ラウンドネックシャツ」VSモンベル「スーパーメリノウール」徹底比較!

  • 【価格・スペック比較】モンベルはワークマンが2枚買える価格!しかしフィット感にこだわるため、サイズ展開&厚みセレクト豊富
  • 【厚さ】ワークマンはふわふわ厚手、モンベルの方がやや薄手
  • 【その他】ワークマン→チクチク感が少しある、静電気がかなり気になった。モンベルは皆無だっただけに…

【四国・雪山で比較レポ!】
晴天汗かき→休憩時・冷えなく快適だったのは”ワークマン”より”モンベル”のほうだった

aimi
aimi
 
ワークマンは、私のクローゼットの中では”2軍落ち”してしまったけど…
雪山ゆるハイクには積極的に使っていきたい所存!

とはいえ、ワークマンの1,900円というのは、これまで登山メーカーにおけるメリノウール界の重鎮”モンベル(6,000円)”や”アイスブレーカー(8,000円くらい)”の価格からすると、衝撃的なお値段。

これぞ、登山メーカーの価格破壊です!!

  • 冬山デビューしたいけど、お財布に余裕がない
  • モンベルやアイスブレーカーのものは持っているけど、サブインナーとして1枚欲しい

という方には超オススメの商品であることには違いありません!

ぜひ1枚買ってみてはいかが?

ワークマン「メリノウール長袖ラウンドネックシャツ」やモンベル「スーパーメリノウール」と一緒に買うと良いアイテム

ミレー「ドライナミックメッシュ」【通称:ミレーのアミアミ/使用レビューあり】

当ブログでもかなり前から推しまくっているミレーのアミアミ。

満を辞して…⁈

今回はそれとぴったり相性の良い、ワークマン&モンベルのメリノウールのご紹介とはなりましたが…『ミレーのアミアミと使わないと意味ない』という前提のもととさせていただきました♪

ほんと、コレがないと意味ないんですよねえ〜

”疎水性インナー×吸水性インナーの掛け合わせ”こそが、登山のベストマッチインナーNo.1

冬こそ汗を逃して、快適登山していかないと低体温症の危機に。

しっかりと対策していかないと、命の危険にもさらされますよ。

私の住む時雨やすい四国の山も、ほんとうに天気の急変に注意なんですよね!!

>>【ミレー「ドライナミックメッシュ」】登山での使用レビューはこちら!

関連記事

【厳冬期〜残雪期】四国の雪山登山で使う装備一覧

\「GoToトラベルキャンペーン」で旅行代金半額!/

2020年10月1日〜東京都在住の方も対象になりました!国内旅行商品が半額になる『GO TOトラベルキャンペーン』開催中٩( ᐛ )و

<4万円の旅行商品の場合>
代金の割引額に1万4千円、地域クーポンに6千円。
消費者には割引後の金額2万6千円で販売し、地域クーポン6千円を付ける

割引された・最大2万円はまるまる政府負担になるということ!

予算終了まで続きますので、地域復興に役立てましょう。ぜひこの機会をお見逃しなく!新型コロナウィルス対策を万全にし、三密避けられる平日を絡めるのがオススメ。また県内宿泊も大歓迎です。

厳冬期・残雪期
\気に入った記事はSNSでシェアしよう♪/
@shikokunoyamaをフォローする
スポンサードリンク
四国の山.com