>>【速乾性・強度もバツグン】アウトドアメーカーのマスクまとめ
スポンサードリンク

「菊池渓谷(熊本県菊池市)」で光芒を狙ってみた 【早朝撮影】

「菊池渓谷(熊本県菊池市)」で光芒を狙ってみた 【早朝撮影】撮影ロケ/熊本県

こんにちは、アウトドアライターのaimiです。

先日九州遠征登山に行った帰り、大観峰(熊本県阿蘇市)にて出会ったカメラマンさんにすすめられた「菊池渓谷」へ。

『カメラ好きなら、ぜ〜〜ったい寄った方がいい!!』と強めに言われたので訪問することにしたのです!

大観峰から車で30分程度と距離もないですし、ご興味のある方はぜひ寄ってほしいです。

ただ、大観峰は知る人ぞ知る、ご来光スポット。

そして、菊池渓谷も早朝の光芒(光の筋)ねらい、となると同日訪問はやや厳しいか…((((;゚Д゚)))))))

私は別の日に訪問させていただきました。

大観峰は阿蘇を代表する、展望SPOT。阿蘇駅から車で30分程度と、アクセスも良い。

菊池渓谷の光芒の見れる時期…夏(梅雨明け〜9月上旬)限定!

光芒の見れる時期は、夏限定。

しかも、梅雨明け〜9月上旬の晴れた日限定となります。

初夏ほど早めとなりますので、日の出時刻をチェックしてお出かけくださいね!

実は私、ノープランで訪問したのですが…シーズンともなると、光芒ねらいのカメラマンさんがずらっと並ぶのだそうで(長靴はいて水に浸かりながら撮影)。

その様子は以下の記事でもチェックすることができます。

写真家さんの光芒撮影方法の記事になりますので、一読してから行かれることをおすすめしますよ。

一番はじめに書かれているということは、一番人気があるということでしょう。夏休み中ならば平日に狙って行くべきかもしれませんね。

>>【楽天トラベルの記事に飛びます】カメラマンが教える絶景&撮影テクニック~夏の熊本・阿蘇で光芒や新緑を撮る~

菊池渓谷の見学方法…維持管理費200円+駐車料200円支払い

渓谷ゲートは8時半から有人です。

維持管理協力費が高校生以上1人200円かかります。

ただ、光芒出現時間にはゲートに人がいないため、帰りに支払うようにしましょう!(ゲートは空いてるので入場はOK)

また、菊池渓谷は国定公園に指定されているため、

  • 火気使用(タバコ・バーナーなど)
  • ゴミ持ち帰り
  • ペットの立ち入り

は禁止されています。撮影の合間に休憩したいからと言ってタバコ吸ってはダメですよ〜!

さらに駐車場料金も200円かかります。こちらも係員さんにお支払いしましょうね!

aimi
aimi

この自然を守るために、必要な料金だよ!

【早朝撮影】「菊池渓谷(熊本県菊池市)」で光芒を狙ってみた

菊池渓谷MAP〜公式ページより引用
菊池渓谷MAP〜公式ページより引用

私が菊池渓谷を訪問したのは、2022年9月中旬。到着したのは朝7時半くらい。

1時間の散策コースでいちばん奥の広河原まで行きますよ〜!…ということは片道30分なわけですが、撮影しながらだから全く前に進みませんね…

気の向くままに歩くことといたしましょう。

まず、歩き始めてすぐにあらわれたのが、黎明の滝(れいめいのたき)。菊池渓谷の顔となっている滝です。

【黎明の滝(れいめいのたき)】…いきなり光芒あらわる!高さはないが、水量多めで大迫力!

ƒ/5.5、1/125、58mm、ISO 800で撮影
ƒ/5.5、1/100、49mm、ISO 640で撮影
滝を上から撮影、ƒ/4.9、1/60、29 mm、ISO 200

「黎明の滝(れいめいのたき)」の”黎明”とは水飛沫の上がるモヤを思わせることから名付けられたそう。

その名の通り…いきなり大迫力!光芒でてる!

大興奮で撮影します。しかも誰もいませんよ〜♪

早朝、朝活サイコーです。

マイナスイオンをたっぷり浴びてエネルギーチャージでき、旅の疲れもあっという間に取れました。もうここで帰っていいと思ったくらい美しい滝でしたよ。

【四十三万滝】…水量がすさまじい!THE写真映えする滝

ƒ/16、1/200、14mm、ISO 200
ƒ/4、1/8000、14 mm、ISO 320で撮影

九州日日新聞の景勝地百選で43万票を集めたことから命名されたという四十三万滝。

九州を代表する滝なんですね〜!!

ここは、水面近くにおりれるようになってるので、かなり近くで撮影OK♪

滑りやすいので注意しておりましょうね。

台風の後ともあって、水しぶきの躍動感を出してみました。

【広河原】…カメラマンが集中する、河原エリア。橋の上からも撮影OK

ƒ/16、1/320、39 mm、ISO 200で撮影
ƒ/16、1/60、47 mm、ISO 200で撮影
ƒ/4.3、1/60、20mm 、ISO 320で撮影

「菊池渓谷」の最大の見どころ、広河原。

遊歩道はここで折り返しとなります。入渓しながら撮影する人が多かったので、邪魔にならないようにささっと撮影。

水の流れがまあまあありますが、ない時でもいい写真が撮れそう。

いろんな角度から撮れるので、取れ高満点!

本当なら三脚立ててじっくり撮影したかった:(;゙゚’ω゚’):

心配していたアブなども、気温が上がる前でしたのでそんなにはいませんでしたしね。

ちなみに入渓されている方の装備は以下のような本格仕様でした。長靴は沢用の鋲(びょう)付きじゃないと話にならないほど、ヌメヌメなので注意が必要です。

【他にも見どころ多数】徐々に下流に光芒が出るので、ゆっくり歩いて帰還

美しい水面にうっとり。橋の上から撮影、自分の影が写っています。ƒ/16、1/160、15 mm、ISO 200で撮影
ƒ/5、1/1250、17 mm、ISO 320で撮影
ƒ/4、1/60、14 mm、ISO 1600で撮影

広河原の光芒ボーナスタイムが終わったら、徐々に下流に移動していきます。

その際、やはり光芒が現れるタイミングがありますので、じっくり観察しながら戻ることをおすすめしますよ。

光芒撮影は初だったので、線が出ていなくて恐縮ですが、次回はもっと勉強して出直します(泣)…すみません。

光芒の撮影にはNDフィルターがおすすめ

「kenko」Amazon公式サイトから引用
「kenko」Amazon公式サイトより引用

NDフィルターはレンズから入る光の量を減らすために使うグレーのフィルター。まぶしさを抑えるサングラスのようなものです。

NDとは、「Neutral Density(ニュートラル・デンシティー)」の略で、直訳すると「中立な濃度」という意味です。発色に影響を与えることなく、光量を減らすのがNDフィルター

…ということで、スローシャッター必須の滝撮影にはNDフィルターは持っていた方がいいアイテム。今回私は突発的な訪問だったために持っていなかったのですが、今後はどこに行くにも持っていこうと思いました。

私の愛用カメラ・オリンパス「OM-D E-M1 MarkⅡ」のレンズには”φ58サイズ(レンズキャップ裏を確認すると書いてあります)”と表記があったため、以下のものを所持しています。真夏の強すぎる日差しに、ND16という値がバッチリ。

オリンパス「OM-D E-M1 Mark III」からはNDフィルター機能が内蔵!

2020年に発売された「OM-D E-M1 Mark III」からはNDフィルター機能が内蔵され、NDフィルターを所持しなくとも、同等の写真が撮れるということで注目されています!

既存フィルターと組み合わせると、最大でなんとND500相当の値まで設定可能(>>公式動画あり)ということで、フィルターを買うよりもかなりお得になっています。気になる方はチェックしてみてくださいね♪

以上、『「菊池渓谷(熊本県菊池市)」で光芒を狙ってみた 【早朝撮影】』の記事をお送りしました。

関連記事

【購入して半年】オリンパスM.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mmの作例!〜大満足してます

今回、滝撮影に持ち出したカメラはこちら!

\「GoToトラベルキャンペーン」で旅行代金半額!/

2020年10月1日〜東京都在住の方も対象になりました!国内旅行商品が半額になる『GO TOトラベルキャンペーン』開催中٩( ᐛ )و

<4万円の旅行商品の場合>
代金の割引額に1万4千円、地域クーポンに6千円。
消費者には割引後の金額2万6千円で販売し、地域クーポン6千円を付ける

割引された・最大2万円はまるまる政府負担になるということ!

予算終了まで続きますので、地域復興に役立てましょう。ぜひこの機会をお見逃しなく!新型コロナウィルス対策を万全にし、三密避けられる平日を絡めるのがオススメ。また県内宿泊も大歓迎です。

撮影ロケ/熊本県
\気に入った記事はSNSでシェアしよう♪/
@shikokunoyamaをフォローする
スポンサードリンク
四国の山.com