>>【速乾性・強度もバツグン】アウトドアメーカーのマスクまとめ
スポンサードリンク

【2020年度版】「女性用シュラフ(レディース)」の展開がある登山メーカーまとめ

【2020年度版】「女性用シュラフ(レディース)」の展開がある登山メーカーまとめ登山/装備

こんにちは、アウトドアライターのaimi(@shikokunoyama)です。

あなたがこの記事にたどり着いたのは「女性用シュラフ」情報を求めて、だと思います。

私も2013年くらいにシュラフを買おうとし、ほとんど売っていなかったのを目の当たりにして絶望…

  • 「登山業界も男社会なのか…」
  • 「大は小を兼ねるって言うしな…」
  • 「小柄な私には大きすぎるのだけどカットするしかないのか…」

とがっかりしたものですが、

 

aimi
aimi

当時は予算の都合もあり、結局男性サイズのを買いました…

2020年のいま「女性用シュラフ」を発売するメーカーも多くなってきています。

そのメーカーたちを一気にまとめてやろうじゃないか!と言うことでリスト化してみました。

参考にしていただけると幸いです🎵

「男性用」との大きな違いってなに?

女性は背・肩幅が小さい&足元が冷えやすい

一般的になにも書かずに売られているシュラフは

ユニセックス=つまり男性のサイズ

に合わせて作られています。

その証拠にシュラフのスタンダードサイズについて

モンベル→「183cmまで対応可能」
ナンガ→「最大長210×最大肩幅80cm(身長178cmまで)」

と記載があります。

冬はダウンを着たり厚着になるのですこし余裕はもたせてるものの、女性よりもかなり長い!

 

2019年の統計によりますと

  • 男性の平均身長→171.4cm
  • 女性の平均身長→158.1cm

といわれていますから、その差13.3cm

つまり1,000円札を横にしたくらい、またはそれ以上の長さが違うのです。

それより小柄な女性は、足元が余ってしまいスースーしてしまいますし、高山に持って行く場合はその分の重さも余分に運ぶことになるので、ムダ極まりないです_φ( ̄ー ̄ )

 

aimi
aimi

まさかシュラフをカットするわけにいきませんからねえ…

マットを切るってのは聞いたことがあるけどw

さらに女性は男性よりも筋肉量が少ないため、冷えを感じやすいと言われています。

それなのに「スースーする」というのはストレスが溜まりますよね…。

 

aimi
aimi

寒すぎて一睡もできなかったこともあります…泣

なのでシュラフは絶対に適正サイズを選ぶべき、といえるのです。

 

シュラフは絶対に最適サイズを選ぶべき!「女性用」ってあるの?

ここで出てくるのが「女性用」。

女性は身長のほかに

  • 男性よりも肩幅が小さい
  • 足元が冷えやすい

という違いもあります。

その心配を加味して作られた各社の「女性専用シュラフ」、どんなものがあるのか見ていきたいですよね??

ここで「女性用シュラフ(レディース)」の展開があるメーカーを知る必要性があるわけです🎵

この記事では

  • 女性用(レディースサイズ)シュラフを生産
  • 女性が登山で持てる範囲1.0kg以下のシュラフを生産

2つの条件に当てはまる、2つの登山メーカーをご紹介していきます。

【2020年度版】「女性用シュラフ(レディース)」の展開があるメーカーまとめ

モンベル

「ダウンハガー800 Women’s #1・2・3・5」…寝返りに追随!『THE伸びる寝袋』

ダウンハガー800 Women’s #1イエロー [#1121368 コンフォート温度-3度/リミット温度-9度]
created by Rinker
<足元のダウン量アップに驚がく!冷え性にたまらないモデル  >

「登山業界のユニクロ」とも言われるモンベルから、2015年より女性モデルが発売されています。

男性用との違いは

  • 身長173cmまで対応
  • 足元のダウン量を20%アップ

 

の2点。

「173cm」というのは寝るときの”つま先がピンと伸びるのを考慮した長さ”なのだそう。

女性の平均足サイズが23.5cmと考えると、足首の直径が大体10cmですから(ちょうど23.5cmなので測ってみました)…

 

aimi
aimi

「+13.5cm+4.5cm」=合計18cmのあそび!

考えられていますね〜!

さらにモッコモコの「テントシューズ(象足)」を履くのを考慮したら、小柄な私(155cm)でもちょうど良さそう。

<まさに女性のための寝袋!安眠を考え抜いたスーパーモデル>

モンベル独自のスーパースパイラルストレッチ™ システムを採用した「伸びる寝袋」。800フィルパワーの高品質ダウンをボックス構造で封入し、軽量コンパクトながら高い保温性を備えています。

女性の体型に合わせたパターンの採用や、足先部分のダウン封入量を増やすなど、女性の安眠を考慮した仕様です。トンネルフードやネックバッフル、ドラフトチューブなどさまざまな構造で寒気を遮断し、国内2,000m級のほとんどの冬山で幅広く使用できるモデルです

- モンベル | オンラインショップ | ダウンハガー800 Women's #1 - webshop.montbell.jpより引用

モンベル | オンラインショップ | ダウンハガー800 Women’s #1 – webshop.montbell.jpより引用

 

ラインナップは

#1→ー3度まで対応・標高2000m級の冬期
#2→2度まで対応・冬キャンプ
#3→6度まで対応・春秋キャンプ
#5→9度まで対応・夏キャンプ
となっています、詳しくは下の図で♪
- モンベル | オンラインショップ より引用

– モンベル | オンラインショップ より引用

モンベル公式より引用

モンベル公式より引用。上から#1・#2・#3・#5となってます

 

<「ダウンハガー800 Women’s #1」口コミ>

アマゾンでの販売がないので、SNSの声を拾ってみました。

ダウンハガー800 Women’s #1イエロー [#1121368 コンフォート温度-3度/リミット温度-9度]
created by Rinker

 

#1は「ダウンハガー800」の最高スペックのものとあって、防寒もバッチリ。

1.5リットルのペットボトルの高さのちょっと低いくらいには圧縮できます。

ただし、別売りのコンプレッションバッグ(圧縮バッグ)も必要ですが…

ちなみに私の持っている「ナンガ450DX(男女兼用)」もこれくらいのかさなので、この高さが限界…

テント泊ザック(60リットル)の3分の1をしめてしまうのは、仕方がないですね_φ( ̄ー ̄ )

 

aimi
aimi

重いのはガマンできても、寒さはガマンできないからね!

<「ダウンハガー800 Women’s #2」口コミ>

 

男性もゴリ押しですね〜♪

冬キャン大活躍まちがいなしですよ。

 

<「ダウンハガー800 Women’s #3」口コミ>

 

#3に関しては、ペットボトル大→小への進化がすごいですね!

ただし、あくまでも夏山向けということをお忘れなく。

<「ダウンハガー800 Women’s #5」口コミ>

 

重さも#1の約半分!440g!

コンパクトなので、寒いエリアへの旅行でシュラフカバーがわりにも使えそうですね。

イスカ

「エア ショ-ト280X・450X」…最高品質800フィルパワーのホワイトグースダウン使用

 

もうひとつ、忘れてはならないのが寝袋専門メーカーのイスカ

時代や流行に負けない本質的なモノを探究し、43年間シュラフを作り続けていた経験をもつこだわりの日本のメーカーです。

寝袋といったら、選択肢に「イスカ」の名前は絶対に出てきますよね( ^ω^ )

私もはじめて購入するときにさいごまで迷ったメーカーです。

<適応身長は165cm…小柄でより小さなモデルをお求めの方にオススメ>

 

ショートモデルの適応身長は172cmまでの設定ですが、特に165cmまでの方々には、軽量性にも優れ、保温のロスとなる無駄なスペースを抑えることで、保温性にも優れたショートモデルを強くおすすめします。

イスカ公式より引用

 

モンベルの女性モデルが”適応身長183cm”だったの対し、イスカの女性モデルは”適応身長172cm”。

10cm近く小さいことから、より小柄な女性向きと言えますね。

<「エア280X ショート」…防寒と軽量・防水まで緻密に考えられた女性用エントリーモデル>
www.isuka.co.jpより引用

www.isuka.co.jpより引用

それぞれ説明文を読んでみます。

まず「エア280X ショート」から!

夏の北アルプステント泊デビューにもぴったりのモデル。

身体に沿った、狭すぎず広すぎない独自の「3D」構造は、保温性低下の原因となる無駄なスペースを抑えつつ、内部の適度な余裕が睡眠中の動きをさまたげないということですよ。

それにしても最適な山域まで書いてあるとは…イスカ公式さん親切ですね。

 

日本の夏山の定番「エア280X」のショートモデルです。春から夏のテント泊をベースに、夏の北アルプスにぴったりの保温性能を持っています。保温性と軽量性の優れたバランスは、はじめてのテント泊の方々にもおすすめします。

狭すぎず広すぎない独自の「3D構造」に、最高品質の800フィルパワーのホワイトグースダウンを有効に活用

効果的に保温性を高めるために、寒さに敏感な足元部分と寝袋の胸側はボックス構造、体重のかかる背中側はシングル構造で仕上げて、保温性と軽量性を両立、アウターシェルには、長期にわたって性能の低下が少ない超撥水性能を持ち、引き裂き強度、耐摩耗性、耐熱性にも優れた、耐久性のある「ナイロン66」を使用、ずっと快適にご愛用いただくための設定です。

参考例:夏の北アルプステント泊(涸沢、槍ヶ岳、白馬、雷鳥沢、剱沢など)
雲取山でのテント泊、法華院温泉や坊がつる、サイクリストやバイクツーリストの方々には、夏の北海道の低標高地でのご利用にも適しています。

〜イスカ商品ページより引用

ハンガリーの厳しい自然環境で育てられたホワイトグースの羽は、かさ高性や保温性に優れているだけでなく、軽量な点も特長の1つ。これらの点が評価されて、ハンガリー産のホワイトグースは世界最高品質。
<「エア280X ショート」口コミ>

 

アマゾンでのレビューを集めてみました。

女性だけでなく、痩せ型・小柄の男性にも好評のようです。

それにしても、みなさんの声がイスカ公式さんの適応山域にぴったりすぎて驚きますw

最高です。

コンパクトかつ軽量ですが春〜秋用のシュラフとしては申し分ない性能です。

自分は身長が165cmですが、このショートモデルはピッタリサイズです。

こういったショートモデルがある製品は数少ないので有り難いですね。

 

身長170cm67kg筋トレ大好き系です。
全くと言って良い程、問題無く寝られます。ジャストフィット(窮屈では無く)する分、熱も逃げない気がするので、ショートにして正解だったと思います。これ以上身長が高い方は、通常の丈をオススメします。

 

車でないキャンプの場合、軽い、小さいが正義である。ダウンがこれほど小さくなると思ってなかった。この色も好きでよく使ってます。私的な適応シーズンは関東の山あいで5~10月というところでしょうか。足先のゆとりやファスナーの使い勝手,体へのフィット感と,ゆとりとのバランスなど,完成度の高い無難な一品と感じました。軽さ,保温性は申し分ないです。思ったほど厚くなく,薄手です。

 

テント泊で使用していますが,商品説明の通り,夏の2500メートル以上の山泊に適しています。残雪期や晩秋の使用では,保温性のあるシュラフカバーやインナーシーツとの併用といった工夫が必要となるでしょう。身長168センチの私にはショートでぴったりです。

<「エア450X ショート」…280のスペックを踏襲+シルエットは細いが内空間が広くあたたかく>
www.isuka.co.jpより引用

www.isuka.co.jpより引用

「エア450X ショート」は「エア280X ショート」よりもさらにシビアに作られています。

ムダない裁断設計が好評のモデル!

 

aimi
aimi

寝袋がマフラーの働きをするという発想が他にあっただろうか…!

春から秋、冬の低山にも対応する最も応用範囲の広い「エア450X」のショートモデルです。
最高品質の800フィルパワーのホワイトグースダウンを使用しています。

限られたダウンを有効に活用するために、胸側のボックスの高さを背中側より高めに設定して、寒さに敏感な足元部分と胸側にはダウンを多めに充填、保温効率を考えた設計です。さらに、狭すぎず広すぎない独自の「3D構造」が、快適なフィット感と無駄の無い保温性をお届けします

気温の低い時期には、マフラーの働き「ショルダーウォーマー」と、ファスナーの内側に配置した「ドラフトチューブ」が放熱のロスと冷気の侵入を防ぎます

アウターシェルには、長期にわたって性能の低下が少ない超撥水性能を持ち、引き裂き強度、耐摩耗性、耐熱性にも優れた、耐久性のある「ナイロン66」を使用、ずっと快適にご愛用いただくための設定です。

参考例:残雪期の北アルプスでのご使用から、秋の涸沢や八ヶ岳、飯豊など。
夏の北海道・大雪山系でのご使用にも代表的なモデルです。

〜イスカ商品ページより引用

<「エア450X ショート」口コミ>

 

アマゾンでのレビューを集めてみました。

「森林限界くらいの山域(標高2,500m前後)の3シーズンテント」というイメージです。

それにしてもマフラーがわりの「ショルダーウォーマー」の働きが秀逸ですね…!

10月に2回、信越トレイルのテン泊と谷川岳肩の小屋で使用。特に着込んではいないが暖かかった。足元は羽毛が多いので冷えないのはいい。インナーシーツやシュラフカバーがあれば初冬まで使えるかもしれない。

 

外気温-25℃の車内でも寒さを感じずに熟睡できました。価格は高いですが流石の商品です。オススメです。

 

色んなメーカーのをみたけど、シルエットは細いが内空間が広く、狭いテント内ではやっぱりこれ!

 

晴天&無風&シングルウォールテント。快適に、眠れました。

胸元が、少し冷たく感じましたが、ショルダーウォーマーを装着(開口部をベロクロ止めしてドローコードを引く) すれば、快適になりました。

天気予報の気温情報から、Air250xのコンパクトさにひかれましたが、山上のリスクを考慮すれば、480xがベストセレクトとなります。

 

「イスカ」「ナンガ」比較表

【残雪期対決】モンベル「ダウンハガー800 Women’s #1」VS イスカ「エア ショ-ト450X」

ここでは今回ご紹介させたいただいた、女性向けモデルで一番スペックの高い

を比較していきます。

 モンベル「ダウンハガー800 Women's #1」イスカ「エア ショ-ト450X」
重量878g(914g) ※( )内はスタッフバッグを含む総重量800g
羽毛量表記なしだが500g程度と予想430g(90/10 800フィルパワ-)
表面素材10デニール・バリスティック エアライト® ナイロン[撥水加工]優れた引き裂き強度を持ち、耐摩耗性、耐熱性を持った「ナイロン66」
カラースカーレット(赤)ロイヤルブル-
純正袋への収納サイズφ16×31cm(5.5L)φ16×32cm(5.6L)
最低快適温度
(快適に過ごせる最低気温)
-3℃-5℃
適応身長173cmまで
しかし伸び縮みするので小柄な男性にも好評
165cmまで
サイズ公式HP表記はナシだが、糸ゴム縫製による「伸びる寝袋」を実現。男女兼用モデルよりも肩幅を狭くするシルエットに肩幅78×全長198cm
価格(2020年3月19日現在)43,000円36,508円
特筆事項・足元ダウン20%増量
・米アウトドア専門誌『Outside』による「2010 Gear of the Year」受賞モデル。
・イスカの登山特化・定番モデル。
・寝袋専門メーカーとして43年間の実績

【対決結果】「モンベル」 VS 「イスカ」違うのは価格くらい?どちらもどちらの良さがアリ。個人的には各種ポイントがたまる「イスカ」

決定的な違いは2点。

  • 単2電池・1本くらいの重さ(70gくらいイスカ「エア ショ-ト450X」が軽い)
  • 価格(約5,000円くらいイスカ「エア ショ-ト450X」が安い)

 

重量もかさもほとんど同じなので、持つのに苦痛はないかと。

 

個人的には楽天・アマゾンのポイントも貯まるから「イスカ」推したいですね〜。

楽天市場においては、場合によっては最大14倍つくときもあるので♪( ´▽`)

いっぽうモンベルは公式さんしか購入できないので、店頭かネットショップのみ=モンベル会員でない方はあまりお得度はないかも。

 

aimi
aimi

ポイントが地味に効いてくるんだよね…結局のところw

 

あとはやはり、”冬は隙間なくすっぽりと顔を覆いたい欲”がすごいので、マフラーの働き「ショルダーウォーマー」を試したいというのもあります♪

手とか足とかはしっかり防寒が行き届きますが(もちろんこれでもかと対策してるから)、意外と顔や首筋って盲点なんですよね(_ _).。o○

【残念な点】厳冬期モデル=女性向け商品がない

今回ご紹介させていただいたのは「モンベル」と「イスカ」でしたが、これ以外で女性用のシュラフを扱っている、女性の持てる範囲1kg以下のシュラフを作っている登山メーカーさんは見つかりませんでした

 

aimi
aimi

これは大変残念なことですよね…

男性・女性同じくらいの登山人口があるわけだし、市場だって成熟しています。

「2018年の余暇ランキング」10位にも、登山は堂々とランクインしていますし٩( ᐛ )و

ウェアがレディースしか着れないように、シュラフだけ男女兼用なんておかしいですよ_φ( ̄ー ̄ )

 

ザックも、女性モデルじゃないと肩幅あいませんもん。

それはどこの登山教室などでも習うことです。

登山メーカー様、もしもこの記事をご覧になっていらっしゃいましたら…

ぜひ、「女性向けのシュラフ」を発売検討していただきたいと思っています!!

 

以上、『「女性用シュラフ(レディース)」の展開がある登山メーカーまとめ』の記事を送りしました。

今回ご紹介したシュラフをもう一度ご紹介

モンベル「ダウンハガー800 Women’s #1・2・3・5」

ダウンハガー800 Women’s #1イエロー [#1121368 コンフォート温度-3度/リミット温度-9度]
created by Rinker

イスカ「エア280X ショート」「エア450X ショート」

 

関連記事

【冬の登山】テント泊で寒く寝れない人必見!私が就寝時使っている装備を教えます

私はとても寒がりなので、シュラフ・マット・ダブルウォールテントの3点セットはこだわりました。

その他、テントシューズなども必須アイテムです。

この時はナンガのシュラフを買いましたが、軽量化のためレディース向けシュラフも購入検討中!

参考にしていただけると幸いです♪

【冬の登山】テント泊で寒く寝れない人必見!私が就寝時使っている装備を教えます
こんにちは、アウトドアライターのaimiです。 私は今四国に住んでいますが、雪が降るとそわそわしだして降ったとわかると飛び出しますw というのも、 冬は空気が澄んでいるし星も綺麗!夏よりも楽しいイベントがいっぱいなのです。

ミレー「ドライナミックメッシュ」(レディース)の徹底レビュー!〜暑い寒いの気温乱高下登山でどうなった?!

テント内での寒さを防ぐには登山行動中の「汗かき」は厳禁です。

しかしそうは言っても、時期によっては汗だくに。

そんな悩みを解消してくれる下着をご紹介します。

ミレー「ドライナミックメッシュ」(レディース)の徹底レビュー!〜暑い寒いの気温乱高下登山でどうなった?!
こんにちは、アウトドアライターのaimi(@shikokunoyama)です。 先日13kgの荷物を持って1泊2日の宿泊登山をしてきました。 その際にミレー「ドライナミックメッシュ」(レディース)を検証してきましたので徹底レビューしたいと思います。 比較的厳しい気候にもまれてきたので参考になるかと!

 

\「GoToトラベルキャンペーン」で旅行代金半額!/

2020年7月22日〜東京都発着をのぞく、国内旅行商品が半額になる『GO TOトラベルキャンペーン』開催中!

<4万円の旅行商品の場合>
代金の割引額に1万4千円、地域クーポンに6千円。
消費者には割引後の金額2万6千円で販売し、地域クーポン6千円を付ける

割引された・最大2万円はまるまる政府負担になるということ!

予算終了まで続きますので、地域復興に役立てましょう。ぜひこの機会をお見逃しなく!新型コロナウィルス対策を万全にし、三密避けられる平日を絡めるのがオススメ。また県内宿泊も大歓迎です。

登山/装備
\気に入った記事はSNSでシェアしよう♪/
@shikokunoyamaをフォローする
スポンサードリンク
四国の山.com